MASTER PIECE

映画 音楽 書籍 etc

2001年宇宙の旅

2012年07月27日 01時52分12秒 | 映画



私の中でSF映画って言ったらこの作品です。

私なりにこの作品のテーマって考えた時に【旅】って思います・・・
人類の誕生から現代までの時間の【旅】
宇宙空間の【旅】 そして人間の内宇宙への【旅】

何故【旅】をするかって言うと、知識の探求だと思います。

モノリスによって刺激された人類の探究心が宇宙へ出ていくまで進化した・・・
まるで知識を与えてくれた母なるモノリスを探し求める旅。
そして母体に回帰するように人類はスターチャイルドに昇華するラストシーン・・・

確固たる答えが無いこの作品は、観た人が感じて解釈してくださいって言うスタンス。
説明が曖昧なので、自由な発想と解釈が持てる。

それが知識を高める事だと思う・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小さな悪の華

2012年07月21日 22時39分07秒 | 映画



ネット動画で観ました。
1971年のフランス映画ですが・・・
これがフランス作品のお洒落な雰囲気と道徳観を無視した思春期の少女の残酷性があって
観ていて非常に見応えのある作品でした。

悪趣味と言えば悪趣味・・・文学的と言えば文学的・・・

元々【悪の華】ってボードレールなので思想的には危険な香りがある。

なんだろうかこの後味の悪さは・・・
少女の残酷性は純粋ゆえに後味が悪く感じる・・・

ラストはやっぱり脳裏に残ってしまう・・・
正直10代の思春期にこの作品を観たら間違いなくトラウマです・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

異邦人

2012年07月21日 22時20分19秒 | 書籍



昨日ママンが死んだ。
ガールフレンドの家に行く。
映画も観に行き海にも行く。
そしてアラブ人を射殺。
理由は太陽のせいだと言う。
捕まって死刑判決。

あぁ~確かに夏に読みたい・・・・

あれもこれも眩しい太陽のせいだと思う・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時計じかけのオレンジ

2012年07月19日 01時10分53秒 | 映画



前半は無軌道な若者たちの欲望と暴力をこれでもかと見せつけ
後半は主人公をこれでもかといたぶるドSな展開・・・

キューブリックはこの衝撃的でエキセントリックなストーリーをひっくるめて
観る者にはファンタジーを観ているかのような映像にしているところが凄いと思います・・・

ある意味暴力を肯定しているかのような作品ですがあくまでも映画作品としてのファンタジーです(笑)
これがリアルに暴力描写だったら多分、嫌悪感を感じて生理的に受け付けなかったでしょう。

でも結果、影響力が大きすぎたのが問題でした・・・

このリアルでない暴力描写がゲーム感覚で多くの犯罪を生んだのも事実。
イギリスではキューブリックの死後まで上映禁止だったそうです・・・

私は2年周期で観てますけど・・・


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ようこそ地球さん

2012年07月19日 00時43分44秒 | 書籍



数あるショートショート作品集の中で好きなのを選ぶのは非常に難しい・・・
特に初期作品に関しては結構好みなストーリーも多いです。

この作品集に収録の【処刑】と【殉教】はインパクトあって好きですね。

ちょっと大人の寓話的なストーリー、シニカルでけして明るくない未来っていう結末。
多分そんな所に星新一の魅力があると思います・・・

今でも読書好きなのは星新一の影響が大きいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加