MASTER PIECE

映画 音楽 書籍 etc

世紀末の隣人

2017年06月28日 23時06分45秒 | 書籍



久しぶりにグッときたルポルタージュ。

1998年からの数年、世紀末に起きた事件や風俗、時世の記事なのだが。
小説家、重松清の鋭い視点の内容は面白くて引き込まれてしまう・・・

和歌山毒物カレー事件 (1998年7月)
池袋通り魔殺人事件 (1999年9月)
音羽幼女殺人事件 (1999年11月)
京都小学生殺害事件 (1999年12月)
新潟少女監禁事件 (2000年1月)
西鉄バスジャック事件 (2000年5月)

今でも覚えている事件が多いのだが、21世紀に変わる前にこれだけの事件が起きている事に驚く。
世紀末っていうキーワードが何か特別な意味合いを持っているかのようですが
17年~18年前に起きた事件は現代になっても同じような事件は無くならない・・・

さて、このルポルタージュでは事件が起こる要因や現代人が持つ闇の部分などをクローズアップして
紐解いているのですが、それは誰もが起こり得る身近な事件だという事。
言葉を変えれば誰でも起こしえる身近な衝動だという事です。

だから題名が「世紀末の隣人」なのですね。。。流石だわ、重松清。

内容が濃い衝撃的なルポルタージュでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松ケ根乱射事件 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。