とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

何をもってすれば、中国人は納得するのか? (雑感のため結論はありません)

2017-06-17 05:54:02 | 雑感
何をもってすれば、中国人は納得するのか? 

例えば南京事件、いわゆる南京大虐殺において日本はひどいことをしたという話がある。
私はこれに完全にいいとも悪いとも思わない。

ただ、中国に進出した国は日本のみならず、イギリスもドイツもアメリカも噛んでいたわけで、しかしそれでいて反発するのは日本にだけ、というのがよく分からない。
中国人の主張は、社会経験から来る反動ではなく、単に中国政府の政策都合なだけではないの? と。

私が雑感として思うに、中国人にはおそらく中国人なりの納得させられる着地点があるのではないのかと思う。

戦前、アメリカの情報関係者は日本の古典を買い漁って、日本の民族性分析を行ったのだと言う。
お題は「日本人はどの点で屈服し、どのような行動文化があるのか」と言う点においてだった。

日本人はこれを応用せねばならない。
アメリカ人はどのような点で納得し、どのような行動原理があり、どのような行動傾向、思考傾向があるのか、ということである。
これは中国人においても同様だ。

なので、日本人がそれらの国と相対するとき、米国や中国の行動文化、思想傾向や、社会の妥結、個人の意思判定がどのように行われるのかを古典や文化作品を通して分析し、それを応用せねばならない。

最初は稚拙であってもよい、しかしそれらを練り上げるべきだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「愚者は経験から学び賢者は... | トップ | 日本の産業に不足しているも... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。