とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

テレビ、ネット同時配信へ 法改正で19年にも全面解禁

2016-10-19 23:47:16 | 報道

テレビ、ネット同時配信へ 法改正で19年にも全面解禁
2016年10月19日03時01分
http://www.asahi.com/articles/ASJBL6V0HJBLULFA02Q.html


 総務省は、テレビ番組をインターネットで同時に配信する「ネット同時配信」を2019年にも全面解禁する方針を固めた。NHKのネット同時配信を制限している放送法を改正し、民放にも参入を促す。ネットでNHKを見る人から受信料を取る仕組みについても議論を始める。

NHKは悲願、地方民放は試練 ネット同時配信解禁へ

 東京五輪・パラリンピックを前に、スマートフォンなどで場所を選ばずテレビを見られるようにする。若い世代を中心にネット動画を好む人が増え、米ネットフリックスなどの動画配信サービスが利用者を伸ばしている。テレビを持たない人も増えつつある。

 総務省は、テレビ業界がじり貧に陥ればソフトを海外展開する「クールジャパン」戦略にも影響しかねないと懸念する。民放各社はスマホへの同時配信は東京のキー局と同じ番組を流すことが多い地方局から視聴者を奪いかねないとして反対してきたが、総務省はテレビを見ていなかった層にアピールする効果の方が大きいと判断。テレビ局が質のいい番組を作り続けられるようにする。

 高市早苗総務相は18日、同時放送の開始に向けた課題について、有識者会議の「情報通信審議会」に諮問すると発表した。来年夏までに中間答申を、18年夏までに最終答申を出すよう求めるという。


本当にため息しか出ない。
と言うのも、元々日本国民のために放送業態を改善して、次世代の社会への展開につなげていこう、というような、真の目標があるならいざ知らず、本当の目的は昨今芳しくないNHKの収支状況の改善である。逆に言えば、それがおきなければネット配信の議論さえもやってさえもいなかったという悪しき官僚文化だ。

あとね、アカマイとかにつっつかれたんじゃないの。公共配信をネットでするには付加分散が必須でそれができるのが今のところアメリカのアカマイだけ。
付加分散サービスの提供はドワンゴとか日立に頼んだ方がいいで。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 外国人客「差別」相次ぐ、大阪 | トップ | 欧州でディーゼル車離れの傾... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。