とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

コミックハルタ6店舗探しても見つからず

2017-06-15 21:13:28 | 最近の出来事
今日は月イチの楽しみのコミックハルタの発売日であるが、これが6店舗探しても見つからなかった(正確に言えば最後の1店舗は入っていない)。

一店舗目→デパートの6Fにあったはずなのだが、エレベーターで移動すると化粧品だか健康のための商品。あれれ〜? なんでや、エレベーターのドアが開いたら本屋のはずだったが・・・
1Fに戻り、案内嬢の女性に聞くと、3月10日に撤退したとのこと。バカな・・・この書店は品揃えが良かったのに・・・とは言え利用したのは二月の一度きりであった。
ここで買って帰るという目論見は早くも崩れる。

二店舗目→仕方ないので二店舗目。目当てのハルタは無かった。しかし、岩波の揃えが異常にいいね。三回は宗教書専門。元々キリスト教系の書店らしく、賛美歌が流れていたりとすごいわ。カールバルトの洋書があり。でも私は読めません。

三店舗目→仕方ないので三店舗目。その近くにある別のデパートの6F。どうも本屋と言うのは6Fにあるのが多いのか? と思いつつ入る。すごく雰囲気がよくてアーティスティック。奥の方から何かボソボソ声で放送っぽい音が聞こえる。ラジオの放送がスピーカーを通して聞こえると思ったら、誰かしらの生対談であった。
しかもここでコーヒーを飲みながら本を読めると言うスーパー素敵空間。しかしハルタは無かった。

四店舗目→仕方ないので次の場所。なんとビル自体が取り壊し。

五店舗目→映画館の隣の3階。ああ〜ここ前回二月に来た時ハルタなかったんだよね。今回も無かった。

六店舗目→これがひどい魔窟の中にあった。でかい駅の隣のビルだから本屋くらいはあるだろう、と、入ってみたら、案内板には本屋がある。ここも当たってみるか、と入って行ったら、入っている店舗が軒並みマッサージ屋。「オニサン、オニサン、チョトマッサジドウ? 」ととにかく外国人のお姉さんに声をかけられる。なんだこの異空間は? と一番奥にある本屋にたどり着くと、そこはどうにもエロ本を専門に売っている本屋のようだった。

と言うわけで只今帰宅中。あの街にはハルタの需要がないのか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロシア各地で反政府デモ、150... | トップ | ダンジョン飯感想 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。