とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

【慰安婦問題】 日本のユネスコ分担金支払い拒否を募金で打開

2016-10-29 18:23:17 | 海外・国内政治情報等
募金
→つまりそういう政府予算が計上できない上での苦肉の策

翻訳は2chから。

【慰安婦問題】 日本のユネスコ分担金支払い拒否を募金で打開~来月から本格的な募金運動展開[10/28]

1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2016/10/28(金) 23:15:54.99 ID:CAP_USER.net

日本軍慰安婦記録物のユネスコ世界記録遺産共同登録のための韓国委員会が日本政府が支給を拒否しているユネスコ分担金を用意するための募金運動を展開する。

韓国委員会は来月1日、京畿(キョンギ)広州(クァンジュ)のナヌムの家で韓国挺身隊問題対策協議会など関係団体と合同記者会見を持って募金計画と活動内訳などを説明する予定だ。この日の記者会見にはイ・ヨンス、カン・イルチュルなど7人の生存ハルモニも同席する。

28日、韓国委員会によれば「日本軍慰安婦記録物ユネスコ世界記録遺産共同登録のための国際連帯委員会」は今年5月31日、慰安婦関連記録をユネスコに登録申請した。来年10月頃審査結果が出ると予想される。

しかし、日本政府がユネスコ分担金支給を拒否して審査規定を変更し、記録物登録を審査するように圧力を加えており、結果は楽観しにくい状況だ。

国際連帯委員会は去る22日、上海師範大で開いた第4次委員会でユネスコ分担金を世界市民と共に募金しようと決議した。これに伴い、韓国委員会は11月1日に持つ記者会見を始め本格的な募金運動を行う計画だ。

委員会関係者は「募金運動でユネスコが日本の圧力に屈せず、正義の道を変わりなく歩いていくようになるだろうと信じる」として「日本軍慰安婦記録物登録もやはり正義の方に決定されることを願う」と話した。

ソース:ニュース1(韓国語) 慰安婦記録物ユネスコ登録ために募金運動展開する
http://news1.kr/articles/?2815840

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  飯島勲氏、東京五輪の経済効... | トップ | 1キロ54万円のレアアース... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。