とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

米紙「トランプ氏、金正恩氏を称賛し韓国を侮辱」

2017-05-03 19:38:25 | 海外・国内政治情報等

米紙「トランプ氏、金正恩氏を称賛し韓国を侮辱」
2017/05/02 22:21
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/05/02/2017050202906.html


米メディア「金正恩氏に会うのが光栄?」「虐殺者にこび」
2017/05/03 08:38
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/05/03/2017050300470.html


ということであるが、不思議な現象だ、と片付けることは簡単だ。

元はトランプが二手先三手先を読まないタイプであり、かつ次の一手に集中するタイプだからこういうことが起きる。
長い「世界相場」を相手にディール(取引)するには、賢明でない策とも言えるが、アメリカほどの力が強いプレイヤーであれば、強引な手により、力強い「次の一手」を逐次繰り出すことによって場の潮流を牽引するかもしれない。

また、日本国内の現象も不思議なことになっており、韓国は、もうつきあっていけないとばかりに、日本にとっては嫌いなタイプになったわけだが、韓国と比較して、相対的に北朝鮮の方がまだ話が通じるんじゃないかというような感じで、同盟国と敵対国の心情に逆転が生じている。

北朝鮮のイデオロギー工作だとすればたいしたものと言わざるを得ないが真相はいかに。

たとえば、韓国が理が通らない反日政策をすればするほど、日本の民衆感情は韓国が嫌いになっていくが、それは同時に北朝鮮の相対的な好感度アップ、嫌悪度ダウンに繋がることを示す。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アニメ・ジョジョの奇妙な冒... | トップ | 動画サイト簡易まとめ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。