とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

二重国籍について

2017-07-16 22:54:14 | 海外・国内政治情報等
蓮舫氏の二重国籍問題であるが、私的には基本感知しない部分とどうこう言う部分がある。

私としては、日本の立法府の議員ということで、最終的に国籍が日本人なら、別に出自がどこでもかまわないと思っている。
それがベトナム人だろうと、タイ人だろうとどうでもいい。

問題は、その人のアイデンティティーがその母国にある場合である。
例えばベトナム人が帰化して、元ベトナム人の日本人が議員に当選した後、ベトナムと日本で戦争が起きた時、どっちの味方をするのか、と言う時、「私は日本人なんですからベトナムにはすまないと思うけれども、日本の側に立ちます! 」と言えば、母国からは裏切り者扱いされるだろうが、日本人としてはそこで日本人として認められる。

逆に「私は日本の議員やってますけれども、今戦争だから、ベトナムの側に立ちます」と言うようなことがあれば、それは国家の根幹を揺るがす大問題だ。下手をすると外患に当たる。でもまあ正直な分だけいいだろう。

最悪なのが、その素性を隠して、「私は日本の側に立ちます」と言いながら、得た情報をベトナムに流す場合で、これが本当のスパイに当たる。

ここでベトナムを例として挙げたのは、日本の外交関係と近隣諸国という中で、一番問題にならなそうな国だからだ。
これが問題ありそうな国に置き換えてみると、いかにマズいのかと言うのが分かる。

要は二重忠誠になりそうな場合、どっちに従うのか、と言う問題なのである。
蓮舫氏は台湾出身だ。別にそれはいい。
だが、そのアイデンティティ、その思想方向は日本と中国のどちらに向いているかというと、日本の政治家向きではないのは確かである。
日本の政治家ならば、日本の主権を確立せしめるがため、日本の立場で外交手腕を振るうべきなのである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 精神的努力は構造を超えない | トップ | 日本人気質の構造的失態 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。