とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

サッカー、「必見、韓国の選手が凶暴な騒動で罰」 ついにアフリカメディアも済州の蛮行糾弾

2017-06-17 23:01:35 | 海外・国内政治情報等
韓国終わった・・・本格的に・・・サッカーファンを敵に回すとか


今までこの行為を済州側に批判した記事の出稿元の国:

スイスメディア 問題視「済州はリードを守れない自分自身を責めるべき」
http://www.football-zone.net/archives/62830

ドイツメディア「SPOX」済州の白のひじ打ちを「泥を塗る宣伝」
イタリアサッカー専門サイト・トゥットカルチョ・エステーロ今回の乱闘を「人狩り」
http://news.livedoor.com/article/detail/13175581/

仏メディア「言い訳の余地もない無様なものだった」
http://www.football-zone.net/archives/62867

中国メディア「済州の重罰は不可避」蛮行を非難 乱闘騒動の“被害者”浦和を擁護
http://www.football-zone.net/archives/63946

独メディア愚行の済州は「バッドルーザー」「アジアフットボールの宣伝にならない」
http://www.football-zone.net/archives/62810

韓国紙 済州の蛮行を批判「乱闘劇で結果もマナーも失った」 ACL浦和戦
http://www.football-zone.net/archives/62641

new!:南アフリカ

南アフリカサッカー専門メディアが、済州の異常行動の決定的な証拠を掲載
http://www.football-zone.net/archives/63655

 済州ユナイテッド(韓国)は、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の浦和レッズ戦で、数々の蛮行を起こしアジアサッカー連盟(AFC)から選手やクラブへの処分が下されたが、韓国チームの蛮行はついに遥か海を渡り、アフリカでも報じられるに至った。
「必見、韓国の選手が凶暴な騒動で罰を受ける」と特集したのは南アフリカのサッカー専門メディア「シチズン」だった。
 5月31日のACL済州戦で、浦和は衝撃的な蛮行の被害者となった。浦和が延長戦に入り3-0として、2戦合計3-2と1点リードした試合終了間際、両チームの選手が小競り合いを起こしたところで、控え選手のDFペク・ドンギュがビブスを着たままピッチに乱入。仲裁に入っていた浦和MF阿部勇樹にジャンピングエルボーを見舞い、前代未聞の退場劇となった。
 特集では阿部が小競り合いを展開する韓国チームの選手をなだめ、仲裁に入っていた際、ビブス姿のペクが阿部に危険なエルボーを繰り出し、阿部がピッチに昏倒する映像を紹介。そして阿部が顔面を抑えて倒れこむなか、ペクがそのままズラタンに襲いかかり、相手の外国人選手に食い止められる異常行動の決定的な証拠を掲載している。

「相手選手を昏倒させる!」と断罪
「済州ユナイテッドの出番のないサブがベンチから飛び出し、相手選手を昏倒させる!」
 記事ではペクの蛮行をこう断罪している。そして、 試合後の騒動でピッチに戻り主審に危害を加えたチョ・ヨンヒョンに6カ月間の資格停止と制裁金2万ドル(約220万円)、阿部に暴行を働いたペクは3カ月間の資格停止と制裁金1万5000ドル(約165万円)、試合後に浦和選手の顔を叩いたクォン・ハンジンには2試合出場停止と制裁金1000ドル(約11万円)。さらに済州はチーム自体にも4万ドル(約440万円)の制裁金が科された一方、浦和にも2万ドル(約220万円)の罰金の支払いが命じられたAFCの処分内容を紹介している。
 すでに韓国チームの暴力行為はアメリカ、イングランド、フランス、ドイツ、イタリア、フランス、スイスのメディアで紹介され、批判を浴びているが、ついにAFCの処分内容が下り、アフリカでも蛮行が糾弾されている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LINE、トヨタと提携で合... | トップ | Amazonが「Slack」買収検討か... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海外・国内政治情報等」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。