とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

ヤマハがJASRAC提訴へ 教室演奏の著作権料巡り

2017-05-16 21:52:08 | 国内社会批判
もう「音を楽しむ」という「音楽」じゃなくて、「楽即税」とかに言葉を代えた方がいいんじゃないか。
演奏権ってなんだよ。小学生が流行りの歌をピロピロリコーダーで吹いてたらそれは違法なんかと。


ヤマハがJASRAC提訴へ 教室演奏の著作権料巡り
2017/5/16 10:34
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG16H3W_W7A510C1CR0000/

 日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室から著作権使用料を徴収する方針を打ち出したのを受け、音楽教室大手のヤマハ音楽振興会(東京・目黒)がJASRACへの支払い義務がないことの確認を求める訴訟を東京地裁に起こす方針を固めたことが16日、分かった。

 JASRACは、ピアノなど音楽教室で楽器の練習や指導で楽曲を演奏することは音楽著作権管理での「演奏権」にあたると判断。文化庁への届け出を経て2018年1月から音楽教室の年間受講料の2.5%を徴収する方針を今年2月に明らかにしている。大手が経営する教室から徴収を始めるという。

 これに対し、ヤマハは河合楽器製作所などと連携して同月に「音楽教育を守る会」を設立。「音楽教室での練習や指導のための演奏には演奏権は及ばない」との見解を表明していた。

 ヤマハは30日に開く「守る会」の総会で約350の会員社に訴訟の原告団への参加を呼びかける。ヤマハ側は「(著作権使用料が)生徒に転嫁されてレッスン料が高くなると生徒が減少する恐れがあり、音楽文化の発展を阻害する」と主張している。

 著作権使用料を巡っては、すでにダンス教室やカラオケ教室などから徴収している。JASRACは「大学や専門学校は当面、徴収しない方針」としている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプ大統領、IS機密情... | トップ | ひろゆき氏、最高年収を告白 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。