とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

依存症考察

2016-12-31 14:27:37 | 哲学・学術
人のDNAに書かれているプログラミング・コードは、基本的な命令として、一旦何らかの方法で利益を得たのであれば、それを反復するように出来ている。

例えば、それが良い方向に向かうケースとしては、勉強した際の、自分で解を見つけた時の喜びや、あるいはスポーツで勝利した時の喜びが、更にその行為を増幅させることになる。
ごく少ないケースとして、志賀直哉は活字中毒であったようである。

これが現代社会の観点においては、悪いケースに向かうこともある。
例えば、肥満による別の病気が併発する恐れがあるので、ダイエットすべきところを過剰に食べてしまったり、あるいはタバコを止められなかったり、酒を止められなかったり、あるいは麻雀や競馬を止められなかったり、買い物が止められなかったり、あるいはゲームが止められない、テレビを止められない、インターネットが止められない、女遊びが止められない・・・
もっと悪いところに行けば、大麻、コカイン、ヘロイン、覚醒剤が止められないというものもあるだろう。

この反復は人間に備わっているプログラミングコードなので、一概に「根性でやめろ」というのは現代医療にそぐわない、非論理的で非科学的な治療手段である。
人間であるならば、もっと「そのプログラミングコードを止めたり、あるいは制御するにはどういう方式があるか? 」と考えるべきだ。


米国の研究で、怒りを制御する「アングリーコントロール」の手法が啓蒙されている。
怒りによって社会の原動力になることもままあるが、しかしそれが為に社会に混乱をもたらすこともまたある。
そのマイナス面を制御すべきとは誰しもが思うにしても、どうやればいいのか、どうすればいいのかが分からない。

最近の研究によると、怒りを発する脳の部分が、その怒りを理解し、なだめるところに信号が到達するまで6秒かかるとのことである。
つまり、どうにもならない怒りに思えても、6秒待てば、自分のクールな理性がホットな怒りをクールダウンしてくれる可能性があるのだ。
よって、そのアングリーコントロールでは、何か自分が怒りたくなった時でも、6秒待つことを推奨している。


さて、話を元に戻す。このアングリーコントロールのように、依存症も制御が可能であればそうした方がいい。
その理論的で論理的で科学的な対応策は一体なんであろうか。

それを一度研究し、人に適用できることが分かったのならば、社会問題となっている箇所、即ち、健康診断でダイエット、タバコ、酒で依存して悩んでいる人たちに医師がアドバイスできれば尚のこといいし、そしてギャンブルや非合法な薬品の服用を止められない人には、これをアドバイスして、自律制御をかけてもいい。
買い物依存にしても、そうしたことを適用すべきなのである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人間はなぜ絵を描くのか?  | トップ | 上司は部下の仕事を増やすな »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

哲学・学術」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。