とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

スウェーデン暴動、5夜連続 移民問題浮き彫りに(2013年)

2016-10-15 11:53:13 | 海外・国内政治情報等

スウェーデン暴動、5夜連続 移民問題浮き彫りに
2013年05月24日 14:21
http://www.afpbb.com/articles/-/2945921?pid=10795651

【5月24日 AFP】スウェーデンの首都ストックホルム(Stockholm)郊外の移民が多く住むヒュースビー(Husby)地区で19日夜に始まった暴動は、周辺地区にも拡大し、5日目に突入した。地元の警察・消防によると、23日夜には少なくとも9台の車が放火され、2つの学校と警察署でも火事が発生した。

 暴動の発端は、住民の8割を移民が占めるヒュースビー地区で前週、なたを手にした地元住民の男性(69)を警察官が射殺したことだとみられている。警察は自宅に逃げ込んだこの男性を「説得しようとした」末に射殺し、正当防衛を主張。地元活動家によるとこれを受けて、これまで警察の残虐な対応にさらされてきた若者たちを中心に怒りが爆発したという。

 スウェーデン政府は難民を積極的に受け入れており、さまざまな教育プログラムも提供している。しかし、大多数の移民にとってスウェーデン語の習得や就職は壁となっており、今回の暴動は移民がスウェーデン社会にうまく溶け込めていない事実を改めて浮き彫りにした。同時に、合意形成型民主主義の小国が、移民問題解決に向けて方針を統一できていない現状も明らかになった。(c)AFP


その他

ぶたにく速報 : スウェーデンの惨状、移民による国家崩壊
http://butasoku.doorblog.jp/archives/27417488.html

スウェーデンは移民の受け入れが寛大で、わざわざスウェーデンを目指して入国する移民が多いんですね。

理由はたくさんありますがざっくりと美味しそうなものを列挙してみました。

1 身元調査がない
2 犯罪履歴を問わない
3 母国への問合せがない

あたりがツボなはずです。
さらりと書いてますが思わず二度見してしまうほど軽く狂気の沙汰です。

難民申請で合法滞在の権利を得て、生活保護の手続きをして生活の基盤を築き、
犯罪のために出国しては、武器を隠し持って比較的セキュリティのユルい陸路で帰ってくるとのこと。
見つかって摘発されれば、名前を変えて何度でも入国を試みるんだそうです。
この生活保護は住宅、家財道具から生活費や教育に至るまでヂツに手厚く支給されております。

そのうえ激増する移民の犯罪者を収容する刑務所建設費用捻出のために
スウェーデン政府は警察とイミグレーション(入国管理局)の予算を削減。

移民ギャングによる強盗、強姦、略奪、放火に暴動など、もう外に出られません。
しかし、この犯罪者どもを食わせるために働いて税金を収めなければなりません。
とうとう軍にパトロールを依頼したいという国民が半数以上になりました。
そんな自治体が軽く100都市を超えているようです。末期的です。

働きもせず、暇を持て余し、スウェーデン人を襲い、勢力を拡大していく。
すべての移民がそういうわけではないのでしょうが、実に移民はスウェーデンの人口の1割に達しています。
既に警官一人で25人もの相手をしなければならない状況になっています。
ストックホルムのいくつかの地下鉄駅は犯罪の温床になってしまい閉鎖せざるを得なくなりました。
乗っ取りも時間の問題でしょう。

スウェーデンは2050年までにイスラム系移民がマジョリティになり、
スウェーデン人が少数民族になってしまうと言われています。
政府は「同化政策」などとお花畑も真っ青のファンタジーな政策を推し進めようとするだけ。
効果がないどころか、移民からすれば楽園そのものです。

戦前から移民を大量に受け入れ、上手く使ってきた歴史もあり、
移民に対しては日本よりも抵抗がないのでしょうね。
負の面を全く見ていないかのような対応策です。
そのために報道規制を敷き、激増する移民犯罪をすべて国民によるものという捏造までかまし、
凶悪犯罪の犯人や犯人グループを圧力をかけてまたは別件の犯罪の取り調べという名目で釈放してしまう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【引用】:日本に毎年嫉妬。... | トップ | スウェーデン、移民による襲... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
引用ツイート(批判?) (トピルツィン)
2016-10-15 23:02:24
引用ツイートしました。
私としては、「ぶたにく速報」様の以下の部分に関して裏を取りたいと思っているのですが、booterさまは何か関係する書籍はご存知ですか。
「1 身元調査がない
2 犯罪履歴を問わない
3 母国への問合せがない」
https://twitter.com/toopiltzin/status/787291316690444289
Unknown (booter)
2016-10-15 23:26:50
探してみましたが、無いですね。。。

このぶたにく速報では、そこで紹介している動画からの更に引用、というような玄孫引きみたいなことをしていますので。。。

あるいは、どストレートに比較本があればいいのですがそういうのは無いですね・・・

手法としては、各国大使館でのHPを見て比較検討するとかの研究をするしかないですね。
(IPぶっこ抜かれる可能性があるので私はしないのですが・・・)
Unknown (トピルツィン)
2016-10-15 23:54:46
筋違いな質問に回答ありがとうございます。
書いてから「これ、booterさま自身が情報源じゃないし、失礼な質問だったなぁ」と反省しておりました。
申し訳ありません。

>手法としては、各国大使館でのHPを見て比較検討するとかの研究をするしかないですね。

あー! 確かに大使館は信頼できる情報源ですね。そっちを当たってみます。
ありがとうございました。

>玄孫引き

これは初耳ですが、言い得て妙ですね。
思わずニヤニヤしてしまいました。
いや、本当にそういうことがあるのですが。
Unknown (booter)
2016-10-15 23:55:17
一個見つけました。

Sweden Visas, Permits and Immigration
http://www.expatforum.com/articles/visas-permits-and-immigration/sweden-visas-permits-and-immigration.html

” Applicants must not have any criminal record in Sweden or in their home country.”

旅行者向けですが、真逆のことが書いてあるで・・・

Unknown (booter)
2016-10-16 00:01:52
あーええっと一つ補足をしておかねばならないことが・・・

ここは飽くまで私の頭の中の書き出し帳で、情報の正確性を保証しないことだけご注意下さい。

「お前、この前嘘書いただろう! 」と言われても、いやそれは私の頭の中に湧き上がったものをそのまま書いているだけなので・・・というしかないのです。

また、情報源を引用しても、それは事実を360度から観測してくまなく網羅した事実ではなく、発生した事実に対して、文字数や報道時間の制限をかけた、局所的な意見なんですよね。その端材の切捨て時に報道の恣意的なイデオロギーが働く訳ですが、そうしたことも100%保証できるわけではないのです。

裏取らないまま書くなー! と思うかもしれませんが、すみません、裏とってません。そういう性質のブログなのです。ここはインテリジェンス(精錬されて判断するに値しうる確度の高い情報)と言うよりも、インフォメーション(雑多な情報群の集まり)なのです。
Unknown (トピルツィン)
2016-10-16 08:41:53
>旅行者向けですが、真逆のことが書いてあるで・・・

おおーありがとうございます。

>「お前、この前嘘書いただろう! 」と言われても、いやそれは私の頭の中に湧き上がったものをそのまま書いているだけなので・・・というしかないのです。

いえいえ。そういう意図はありません。別に非難する意味で「…本当か?」とTwitterで書いたのではありません。
私も

>。ここはインテリジェンス(精錬されて判断するに値しうる確度の高い情報)と言うよりも、インフォメーション(雑多な情報群の集まり)なのです。

ということは分かっています。”だからこそ”裏を取りに行きたい、もっと詳しく調べたいの思うのです。
確かな情報はbooterさまが仰る通り、自分で調べますので、「お前、この前嘘書いただろう!」などとは、口が裂けても申しません。
むしろ「様々な(雑多な)情報を知るきっかけ」と利用させていただています。この使い方でも、booterさまの趣旨と違いますか。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。