とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

ハローワークの非正規相談員 セクハラ上司と対峙したことで突然クビに

2016-10-14 23:12:07 | 国内社会批判
ワロエリーナ
そういう時こそ情報開示請求


9年間務めたハローワークに自分が並ぶことになるなんて…「ハローワーク非正規相談員」の悲劇
2016.10.07 ニュース
http://nikkan-spa.jp/1196841


 世にブラック企業が蔓延するなか、「安定・安心」と思われていた公務員の職場もブラック化が進行しているという。現場で働く人々を直撃、その非人間的な労働環境の実態をリポートした!

自分が働いていたハローワークに並ぶことに

 時任玲子さんは、大阪府内のハローワークの非正規相談員を9年間務めた。仕事上の信頼も厚く、上司からはキャリアコンサルタント資格の取得を勧められたこともあり「ずっと働ける」と思っていた。その資格取得のため、時任さんは、娯楽を断ち、食事も質素に抑えて捻出したお金を勉強につぎ込み、合格した。得意の英語を生かしての外国人への対応でも頼られた。

 ところが、’11年3月29日、時任さんは突然、同年度末(2日後)に雇い止めになると告げられた。それまで、任期1年の雇用契約を更新すること8回。なぜ突然クビになるのか。思いつくのは、セクハラに遭った同僚女性の支援のため、加害者である上司と対峙したことだ。この上司と懇意の男性が人事権を握っていた。

 時任さんは非婚のシングルマザー、生活は楽ではない。息子が高校生活に入ろうとするときの雇い止めは痛かった。失職後1年間は他の非正規職に就いていたが、その契約も切れると、時任さんはかつて自分が働いたハローワークに向かった。

「ブラックユーモアですね。相談員だった私が、今度は求職者としてカウンターの向こうにいるのですから」

 今やハローワークで働く非正規職員は全体の6割を占める。時任さんは「解雇は不当」と国を相手に損害賠償請求を起こすが、地裁も高裁も敗訴している。



おまけ:

ハロワで選んではいけない職業 一位ドリンク補充員 二位介護士 三位は?

6 クロイツラス(空)@\(^o^)/ [CN]:2016/10/11(火) 19:16:06.47 ID:YRfbyZRK0.net
マイナーな引っ越し屋
初日のお昼休みに逃げ出したわ


ちなみに私は就職相談の時に、担当の先生からドリンク補充員を奨められたことがあります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 電通社員「新人は毎日朝まで... | トップ | ファストリ苦戦、売り上げ目... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。