とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

北方領土 日米安保適用外に 返還後想定 ロシア要求

2016-10-15 20:45:59 | 海外・国内政治情報等
私の個人的意見。


北方領土 日米安保適用外に 返還後想定 ロシア要求(北海道新聞)
10/15 07:00
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/international/international/1-0327096.html

 日ロ両政府が進めている平和条約締結交渉で、ロシア側が北方領土の島を引き渡すことで合意した場合、引き渡し対象となる島を日米安全保障条約の適用地域から除外するよう日本に求めていることが分かった。日ロ間で北方領土の「返還後」をにらんだ議論が具体化していることが明らかになった形だが、安保条約の「適用外地域」を設けることには、シリア情勢などでロシアと対立する米国が反発する可能性もあり、安倍晋三首相は難しい判断を迫られる。

 複数の日ロ外交筋が明らかにした。

 日米安保条約は第5条で、適用地域を「日本国の施政の下にある領域」と定めている。北方四島は現在、ロシアが実効支配しているため条約の適用外だが、返還が実現して日本の施政権が及ぶようになれば条約上は米軍が活動できるようになる。日本政府高官は「特定の島だけ日米安保条約の対象外とすることは極めて考えにくい」と話す。


どう分析する。

ちなみにロシアが道新(北海道新聞)に情報リークする時は、あまりコトを荒立てたくない時に使うと聞いた。
基本的に主要新聞は地方紙の後追い報道をしないため(新聞は他社にさきがけての速報が行動原理になるので、二番煎じの報道はしない)、道新に一報させれば、全国の主要紙は報じない(=日本全体にインパクトを起こさない)。

つまり、あまり大々的にやると日本全体の反感を喰らうので、それは抑えつつ、水面下でひっそりと、且つ、必須項目なのでしっかりとやらねばならない、という感じなのではないか、というのが私の推測だが合っているだろうか。「複数の日ロ外交筋」ということは日本もそうだということだろうか。
逆に考えればこれがロシアのアキレス腱なのではないのだろうか。

「引き渡し対象となる島を日米安全保障条約の適用地域から除外する」というのはダメだな。
まだ日本は米国の安全保障配下にないとダメだ。米国の軍事力は他国を圧倒する為だ。
軍事単体では独立できるだろうが、経済機構として、世界で生き残れる体制が思想と國體的に整っていない。
資本体制と日本を独立できる強い国家体制が無ければそれは交渉できない。

ロシア側はおそらく日本との決着を望んでいない(日本は無論望んでいるが)。
あらゆる手段で森羅万象を交渉材料として利用するロシアは、この交渉の決着後のシナリオすらも、その上で描いているだろう。
それは恫喝や外交による揺さぶりも含まれる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小泉進次郎「解雇規制を緩和」 | トップ | 人間と女王蜂 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。