とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

俳句in外国

2016-10-17 23:31:44 | 文章・日本語・言葉

697: 日出づる処の名無し: 2012/08/06(月) 19:58:30.48 ID:J+J7XbXK
俳句なんかも海外で人気らしいけどホントのところどうなんだろ

前に外人さんの俳句で「蛇口ひねったら水が出た」的なニュアンスの
俳句みたけど思わず違うだろっ!って思ったw

なんか五七五の中に言葉を当てはめることをパズル感覚で
楽しんでるみたいな


698 : 日出づる処の名無し:2012/08/07(火) 00:04:49.03 ID:sp0rCXO+
単なる文章ではなく、思った事やなんかを季節も絡めて綺麗にまとめるって、
日本語と日本感っての?そういうのに対してかなり造詣深くないと無理だろ。


706 : 日出づる処の名無し:2012/08/08(水) 10:11:29.51 ID:FCaTJtfw
>>697
「蛇口ひねったら水が出た」

外国じゃ必ずしも当たり前じゃないし、
二世代前は「何だこの設備は…水がでたぁ!」だった
(ソ連軍の逸話などから)。
感動は込められていると思われ。日本人にはアホ臭く思えるが。


707 : 日出づる処の名無し:2012/08/08(水) 10:18:11.11 ID:nzWEPUDO
>>706
渇水期で上水の供給が止まっていたが、
遂に蛇口から水が出る雨季がやって来た
なら充分に季節の移り変わりの表現になりうるな



私の俳句:
「上水道 集めて速し 水道水」
「ラスカルを 集めて速し サンダース川」
「観光客 集めて遅し スプラッシュマウンテン」
「もろひとを 集めてながる インダス川」
「ワニ放流 人が食われる メコン川」
「蛮族の 線はここまで ライン川(byローマ兵)」
「もはや海 どうして川だ ラプラタ川」
「プーチンが 虎を放った アムール川」
「天井川 決壊寸前 揚子江」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チェルミス・ロープウェイ切... | トップ | 厚労省、氷河期世代の正社員... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。