とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

日本人が企業にしがみつく理由

2017-05-20 20:04:31 | 国内社会批判
引用と私の意見を。

日本人が企業にしがみつく理由として3つあると私は考えている。

一つは独立できる実力がないから。
次に独立できたとしても失敗した折の際、再起業するか転職するかについて、転職を選んだ場合、日本の転職回数は3回までと言う形で通常の企業ははねられてしまうので、この意味でのリスクが高い。
最後に企業を畳む際の借金で家庭が崩壊し、自分の家族が風俗におちたりするなどと言うリスク・恐怖の先入観があるためである。
(実際にその通りになるケースもある)。

日本の起業の硬直化というのは、もしそれが外国人人材以外、つまり日本人を中心にして語るのであれば、上記の3つの内、2番目の採用側精神構造と、3番目の社会システムとその認識が変化しなければ、起業しようとする意識も起きない。

私が思うに、色んな起業家がどういう道を歩みました、というような多人数構成ルポタージュの漫画があれば(欝を題材にした「うつヌケ」のように)、そういうのを観れば、多くの人の意識が変わってくるのではないだろうか。

真説・企業論 中野剛志 P18

「米国やアジア諸国であればとっくに起業し大成功できる人材も、多くが日々不満をもらしつつ、親方日の丸にしがみついているのではないか」


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 資本主義の世界史(ミシェル... | トップ | 中世ヨーロッパの地代、税制 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。