とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

移民導入で本当に経済は良くなるのか? 

2017-08-05 17:32:27 | 労働
作業仮説のメモを記載する。

移民導入で本当に経済は良くなるのか? 
私の答えはイエスでノーだ。これを考える。

2010年以前のアメリカは、今のアメリカのように、移民と言うものを制限しようとはしていなかった。
米民間情報会社のストラト・フォーは、メキシコからの移民流入は、様々な問題を引き起こすが、しかし米国経済を支える根幹を為すので、問題を見て見ぬふりをするしかないと予測していた。
尚、同社はこの傾向は長らく続き、アメリカの基礎根幹を成し続けていくだろうと予想したが、この予想は外れた。
トランプ政権誕生による、移民の抑止である。

規模の経済を考える場合、国土の単位面積あたりの人口比が増えることによる経済規模拡張という面では、移民の存在は必要不可欠で、これの導入を増やすことが題目として挙げられるが、果たしてこれは今後の先進国で必須の義務なのであろうか。

通常、人口が増えるといくつかの副次作用が生まれる。
人工増によるGDP増産が見込まれるがそれだけではない。大量に労働人口・就業人口が増えた場合、地価と家賃が高騰する。
一方、需要と供給のバランスにより、労働者賃金は下落傾向を示す。
労働者がフラッドして(溢れて)、労働者自身が賃金をディスカウントせざるを得なくなるのは経済史の示す通りだ。
(このプロセスが分からない人は、スタインベックの「怒りの葡萄」をどうぞ。労働者供給が多すぎて、労働者自身が自分の賃金をどんどんディスカウントしていく様子が生々しく描かれる。)

この場合、移民導入を声高に叫ぶ人の言うことを聞いた場合、どうなるか。
移民によって人口が一定に保たれた場合、国家経済規模、GDPなどは下落せず、消費市場として機能する。つまり企業側の恩恵がある。
翻って、労働者は賃金の増加が見込めず、仮に移民によって人口が増えた場合、その賃金の低下を見込まねばならない。

簡単に言えば、資本家・企業・経営者が得をし、労働者が損をするということになる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本はきれいで日本は汚い-... | トップ | カスペルスキーがWEBサイトに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

労働」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。