とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

ロシアと日本の試合、押したり引いたり足払いしたり、パンチキックをしたかと思えば握手したりと色々めんどい

2016-10-29 17:48:13 | 海外・国内政治情報等

モスクワ国立大学と日本の豊橋技術科学大学の研究者らが光の偏光をほぼ一瞬で変え、そのスピードを10分の1に落とすことで光コンピューター、超高速ディスプレイ、新コンピューターネットの創造を促す方法を開発。この論文はフィジカルレビューアプライド誌に掲載された。

両大学の学者らは光と相互に作用することのできる特殊な結晶を用い、その偏光、速度、動きなど一連の基準を変える効果を得ることに成功。

こうした光の動きを「鈍化させる」結晶を作るという構想は1998年、日本人物理学者のイノウエ・ミツテル氏によって提案されていた。 こうした光の「鈍化」はホログラフィックメモリー、3次元画面、磁場センサーを作るためには欠かせない。

http://jp.sputniknews.com/science/20160916/2781083.html



北方領土解決「期限なし」…プーチン氏がけん制
2016年10月28日 14時06分
http://www.yomiuri.co.jp/world/20161028-OYT1T50071.html?from=ytop_main1

 【モスクワ=畑武尊】ロシアのプーチン大統領は27日、北方領土問題の解決を含む日本との平和条約締結の見通しについて「(締結の)期限を決めることをしてはならないし、不可能だ。有害でさえある」と述べ、12月に予定されるプーチン氏の訪日に合わせ領土問題の早期解決に期待する日本の立場をけん制した。

 ロシア南部ソチで開かれた内外の国際問題専門家らとの会合で、「平和条約をいつ締結するのか」との識者からの質問に答えた。

 プーチン氏は、2004年にロシアが中国との間で国境画定で合意できたのは「中国との間にこれまでにない協力のレベルと深い信頼関係があったから」と強調。「残念ながら、日本とはその域には達していない」と指摘し、交渉進展には経済を含む幅広い分野での協力が必要との認識を示した。


じゃあ手を引くべえ。別に技術供与しなかったからと言ってこっちが困るわけでなし。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なぜ死ぬまで働くのか…「過労... | トップ | 英仏政府、移民の子どもめぐ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海外・国内政治情報等」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。