とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

ロシア上院議長 北朝鮮への対応で日本と連携の姿勢

2016-11-05 14:40:24 | 海外・国内政治情報等
ロシアとの試合も段々と激しくなってきた。

ロシア側は投げや足払いやキックとパンチと握手と抱擁を繰出したが、日本側は握手と抱擁以外は静観している。


ロシア上院議長 北朝鮮への対応で日本と連携の姿勢
11月3日 20時12分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161103/k10010754981000.html

ロシアのプーチン大統領の側近、マトビエンコ上院議長は、3日、長崎市にある原爆資料館を訪れ、アメリカによる原爆投下を批判するとともに、核やミサイル開発を進める北朝鮮への対応をめぐって、日本と連携していく姿勢を示しました。

ロシアのマトビエンコ上院議長は、3日、初めて長崎市を訪れ、このうち原爆資料館では中村明俊館長から原爆が投下された当時の状況などについて説明を受けました。

続いて「犠牲者のことを思うと心が痛みます」などというメッセージを記帳したあと、「軍事面からしてもアメリカは原爆を落とす必要性は全くなかった」と述べました。

マトビエンコ議長は記者団に対して、「ロシアは、日本とアメリカとともに北朝鮮の核開発をめぐる計画を批判している。計画が地域の脅威にならないよう共同で努力していきたい」と述べ、核やミサイル開発を進める北朝鮮への対応をめぐって、日本と連携していく姿勢を示しました。

今回プーチン大統領の側近、マトビエンコ議長が長崎市を訪問したのは、ロシアとしてアメリカによる原爆投下を批判するとともに、ことし5月にオバマ大統領が広島を訪問したことも踏まえ、核をめぐる議論がアメリカ主導で進まないよう、けん制する狙いもあったものと見られます。

マトビエンコ議長は、来月、山口県で行われる日ロ首脳会談を前に、安倍総理大臣などと会談を重ね、一連の日程を終え3日、帰国の途につきました。


ちな、1年前の記事

ロシア、北方領土に新たな軍事施設建設
2015年12月02日 10:09 発信地:モスクワ/ロシア
http://www.afpbb.com/articles/-/3068755?ref=jbpress

【12月2日 AFP】ロシアのセルゲイ・ショイグ(Sergei Shoigu)国防相は1日、北方領土(Northern Territories)で新たに2つの近代的な軍事施設の建設を開始したことを明らかにした。

 ロシア国防省のウェブサイトによると、同相は軍幹部との会合で、ロシアが択捉(Iturup)島と国後(Kunashir)島で軍事施設の建設を「積極的に推し進めている」と語ったという。

 同省は、新たな軍事施設は「ロシアの極東国境における戦闘即応性強化につながる」としている。この他、学校や保育園、レジャー施設や住宅など合わせて392のプレハブ建物を冬の間に建設する計画だという。(c)AFP


NHK報道によると、基地の数は約400。これが現在どうなったかと言うと・・・? 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社会学の定義 | トップ | NYダウ、7日連続下落 ト... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海外・国内政治情報等」カテゴリの最新記事