とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

長時間労働について

2016-10-12 23:07:15 | 雑感

玉井克哉(Katsuya TAMAI)  
@tamai1961

「残業100時間は何が何でも悪いんじゃ?、ガー」という人が次から次へと沸いてきて驚いているんだけど、
そういう人は、震災の後の自衛隊員が何時間働いたか、想像つかないのかな。
あのときに「けしからん、長時間労働は止めさせよ」と言ったんなら、首尾一貫するとは言える。賛成はしないけど

https://twitter.com/tamai1961/status/785030953915719680


やらなければいけないときはある。
だが、やった人には最低限、それなりの承認、昇格、あるいは「よく頑張ってくれたね、ありがとう」という感謝の言葉がなければダメである。

それと一つ言わなければならないのが、戦時と平時で全く違うのだ。
ここを分けて考える必要がある。
戦争で死ぬならまだしも、なんで民間企業の経理システムの保守開発運用で倒れたり死ななきゃならないんだよ。

普通の平時の人員運用で無理があるのは、計画方針が元々ダメだったからだ。
戦争のような危急の事態ならまだしも、普通の民間企業での仕事でバタバタと倒れる人員が出るのは、仕事量に伴う賃金の支払い、人員増加に伴う教育費用、そしてどれくらいで受注したのか、そういう算段が上手く行っていないからだ。

戦争における戦術の履行は、企業経営に通じるが、しかし両者は完全に同一ではない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 皇族の過労、及び日本人の働... | トップ | 東京電力の関係施設で真っ黒... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。