とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

経団連会長、日本経済「来年は正念場の年だ」

2016-12-28 22:45:59 | 国内社会批判

経団連会長、日本経済「来年は正念場の年だ」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2947257.htm

 経団連の榊原会長は、日本経済について「来年は正念場の年だ」と述べ、政府や民間が協力してデフレ脱却や経済の再生に取り組むべきだという認識を示しました。

 「来年2017年は、この景気回復の足取りをより確かなものとする、このためのまさに正念場の年です」(経団連 榊原定征会長)

 榊原会長は、26日開かれた経団連の会合の挨拶で、足元の日本経済について、「個人消費はようやく底這いから脱しつつある」と指摘、その上で、「来年は正念場の年だ」として、政府や民間が協力してデフレ脱却や経済の再生など景気回復に取り組むべきだという認識を示しました。

 一方で、安倍政権に対しては「国民の痛みに伴う改革にも、真正面から取り組んでもらいたい」と述べ、社会保障制度改革や財政健全化の実現に向けて注文をつけました。(26日16:08)


1.鞭を振るう方が鞭打たれる方に痛みを我慢しろって言ってもなあ・・・
2.おそらく「自分は痛みを感じない側にいるので」ということなのだろうか。
3.時流の変化に伴って産業構造を変化させなければならない。

今は家電が売れない。それはそうだ。凹埋めタイプ(白物家電などの生活必需品)は行き渡ってしまったので、借り換え需要しか無い。
つまり今はiphoneやLINEなどの新規スタイルのものを売らねばならない。
それこそ従来の延長線での上位互換などではなく、新機軸の社会を構成するようなものだ。スマホが誕生して生活が一変したように、ここを変える必要がある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホリエモン大阪府特別顧問に | トップ | DMM、はちま起稿を買収(して... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国内社会批判」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。