とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

ダンジョン飯感想

2017-08-10 23:02:56 | マンガ
前回から25日しか経っておらず、5日ほど早く読めるのは嬉しいが、しかし次回のハルタ発売が66日後とかね・・・。

と言う訳で、本寺tう発売のハルタとダンジョン飯5巻。
あらら、そんな風な展開しちゃうの的なあれこれ。

女性作家はどうしても、ストーリーのカタルシスを得られないような群像劇を描きがちかなとは思うが、この件もそう。

ストーリーのカタルシスを得られると言うのは、勧善懲悪ものや、あるいは人間の心理的葛藤を努力や根性で克服! となるのだが、基本的にはその作品中で見せるテーマ(悪の打倒や困難の克服)に関しては、できれば一本に絞り込めた方がいいように思う。

この点で成功しているのが鋼の錬金術師、うしおととら、アニメ作品ではグレンラガンであった。
ヘルシングは若干三つ巴要素的な部分があって、これも混乱下要因になる。できれば三項対立ではなく、二項対立の方が私個人としては読みやすい。

一番よくないのが、バッカーノ! のように群像劇が織り込まれてどこにカタルシスの心象を置けばいいのか分かりにくい作品である。
何もこれの単体のストーリーが悪いと言うのではなく、単体のストーリーを単体の作品で終わらせておいて、複数つなげ、そしてそれが最終的に全部つながってました的な方がいいんじゃないかと。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『だがしかし』に見るヒロイ... | トップ | 韓国博物館の「朝鮮時代の美... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マンガ」カテゴリの最新記事