とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

【異議あり】 Peachy - ライブドアニュース「「ハートマーク」の描き方で年代がバレる? 世代別の特徴を紹介」

2016-12-28 22:20:14 | 映像作品

【世代間抗争】ハートマークの描き方で年代がバレる!? 20代・30代・40代の描くハートが全く違いすぎる件
2016年12月27日 8時45分
Pouch
http://news.livedoor.com/article/detail/12468714/

突然ですがみなさん、「ハート」ってどうやって描きますか? そう、あの、楽しいときに書いちゃう、ハートマークです。

そんなの誰だって同じじゃん、って思ったあなた。オオハズレです。実は、ハートの描き方には、年代によって強い特徴があるのです。


Pouch編集部には20代、30代、40代の女性スタッフがいるのですが、それぞれハートを描いてみると……これが全くもって別物。



「なにそれ!」「それハートじゃないでしょ?」「変な形!」と、自分以外のハートをいっさい認めず、お互いけなし合いツブし合うという見るも無残な結果に。ラブの象徴「ハート」が原因でケンカしちゃうなんて……だからみんな独(※編集部注:削除します)

それと同時に、「ハート描いただけで年齢がバレる」という現実も目の当たりにしました。ハート、コワスギルヨ!!

では、それぞれどんなハートを描いているのか。年代ごとに、特徴とあわせてご紹介します。
【20代が描くハートマーク】

20代の描いたハートは、上のくぼみ部分が浅いのが特徴。また他の年代のハートより長細い。

30代・40代からの感想:「ハートとして物足りない」「イノキかよ」「一反もめん感ある」
【30代が描くハートマーク】

30代の描いたハートは、上半身はぷくっと丸みがあり切れ込みは深め、下半身はシュッと絞られ急激にくびれている。ちょっとエキセントリックな香りがする。

20代・40代からの感想:「で、出たーーーヘタウマ奴」「ギャルっぽい」「サブカル気取りっぽい」
【40代が描くハートマーク】

40代の描いたハートは全体的にかなりの程度、丸みのある形。そこに2本の線がチョンチョンとつけ足されています。40代さんによれば、これが可愛いポイントなのだという。

20代・30代からの感想「この線は必要なの?」「心臓に毛が生えたってやつですか?」「あー伝説の“丸文字”ってヤツですか! シーラカンスっぽくてあこがれます!」
【ハートの描き方は中高生で決まる】

自分にとって可愛いハートの形とは、いつ頃に形成されたのか。考えた結果、3人とも、中高生の頃だと思い至りました。たしかに中高生の時は、授業中に友だちと手紙交換などして、可愛いハートをいっぱい描く機会が多かったなと。(いまの10代の女の子は手紙交換するのかな……)

ちなみに40代の女性は、あの「おニャン子クラブ」から影響を受けたのだそうです。おニャン子クラブのひとりがクイズ番組に登場したとき、フリップに答えといっしょにコレを描いたらしい。これをみて「カワイイ!マネしたい」と思い、描くようになったとのこと。うわーだっさーい。



地域差によるのかもしれないのだが、私から見れば嘘のように見える。
10年ちょっと前、女子大生が書いたハートマークを見たことがあった。が、それは上記の図のどれとも違った。
実際それを最初見た時は「ん? なんだこのVの字は? 」と思ったくらいである。そうしたら、どうやらそのVをちょっと手厚く書いたものがハートを指し示しているものだったらしい。
「はー、普通は普通のハートマークを書くけれども、今時の子はこういうマークで記号として認識し、そしてそれを描写するんだね」という、二十歳前後の女の子にある、「私がセンスで私が基準なのよ」という圧倒的なセンスとパワーの塊を見せ付けられたことを思い出す。

彼女らは今30代になっているはずだが、当時書いていた「雑多に描いてはいたが、しかしセンスとパワーに溢れるハートマーク」は上記の図に該当するものはない。
私から見れば、上記の図は嘘である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 工具による魂のくすぐり具合 | トップ | ついに「アマゾンフレッシュ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映像作品」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。