とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

サムスンスマホ、米で航空機に積載することを禁止、トラックによる輸送の場合も条件を厳しく制限

2016-10-17 02:01:49 | 海外・国内政治情報等
着目すべきなのは、アメリカの危険物運搬に対する対処方針がどう策定されたか、かな。


ノート7のリコール、輸送制限で複雑に 回収キットも登場
2016.10.13 Thu posted at 11:45 JST
http://www.cnn.co.jp/tech/35090442.html

ニューヨーク(CNNMoney) 韓国サムスン電子の新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」の発火事故が相次いでいる問題で、米物流大手フェデックスやUPS、米郵政公社(USPS)は12日、同機種を航空機に積載することを禁止し、トラックによる輸送の場合も条件を厳しく制限すると発表した。

サムスンは9月上旬、バッテリーが異常加熱する問題を受け、ノート7の大規模リコール(回収・無償修理)を開始。今月11日には、交換後の端末から発火したとの苦情が寄せられたことを受け、ノート7の生産と販売を中止していた。

消費者の手に渡っているノート7は250万台に上り、回収手続きは複雑化している。

米運輸省のガイドラインでは、リチウムバッテリーを使った製品で安全の理由からリコール対象になったものについては、空輸をすべて禁じている。

地上での輸送も複雑だ。フェデックスの広報担当者によると、同社の地上輸送部門は携帯電話の小売店を通じてのみ端末を受け取る方針。個人顧客などから端末を受け取ることは一切しないという。包装についても、厳格なガイドラインを満たした場合のみ受け取るとしている。

サムスンは返品される端末の包装を安全なものにするため、返品方法について問い合わせがあった顧客に対し、断熱材を使用した「回収キット」を送付している。

キットには静電気防止用の袋が付属。これを小さな箱に入れたうえでさらに大きめの箱に収め、最終的には郵送用の箱に入れるという。一番外の箱は耐火用のセラミック繊維紙で内張りしているほか、安全用のグローブや組み立て説明書も付いてくる。

サムスンによれば、これらの箱は政府の規定により要求されているものだという。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現在のプログラミング学習の... | トップ | 中国人、米で大規模農業スパイ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。