とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

欧州でディーゼル車離れの傾向、目立つ小型車でのシェア縮小

2016-10-19 23:52:51 | IT・ビッグデータ

欧州でディーゼル車離れの傾向、目立つ小型車でのシェア縮小
2016年10月19日 7時0分
http://news.livedoor.com/article/detail/12164824/

欧州の自動車市場の一部で、ディーゼル離れの傾向が見え始めた。自動車業界を専門とする英調査会社LMCオートモーティブによると、西欧で2016年9月に新車登録された自動車のうち、ディーゼル車が占める割合は47.9%となった。前年比では1.4パーセントポイント減少している。

今年8月にも、ディーゼル車のシェアは同2.7パーセントポイント下げており、LMCはこの傾向について、「今後も長期的に続く」との見通しを示している。

ただし、域内では9月の統計について、「実際はもっと減っているはずだ」と指摘する声もある。欧州の自動車関連の統計は、毎年3月と9月にひずみが生じるためだ。英国ではこの2か月にナンバープレートの年式が切り替えられることから、販売が両月に集中することが理由だ。9月の英国の販売台数は、フランスとイタリア、スペイン、ベルギー、ルクセンブルグの合計を上回っている。

シェアはセグメントでばらつき

ディーゼル車の需要についてみると、英国はその他各国の市場に比べ、好調を維持している。9月のディーゼル車の登録台数は、前年同月の45.9%から、46.5%に増加した。そのほかイタリアでも、前年同月の54%から57.5%に増えている。

だが、自動車業界に関するさまざまな情報を伝える英AIDニュースレターの編集者、マティアス・シュミットは、「現状からみれば、欧州各国の市場でディーゼル車の需要が減少する傾向は、今後も続くと見込まれる」「シェアも縮小を続けるだろう」と説明する。

さらに、「ディーゼル車のメーカー各社は、・・・ディーゼルの長所に対する消費者の信頼を回復するため、早急に対策を講じる必要がある」と指摘している。つまり、「クリーン・ディーゼル」は本当にその名が示す通りのものであるということを、事実に基づき、自動車業界として明確に示す必要があるというのだ。

欧州では、D、E、Fのセグメント(ラージカー、エグゼクティブカー、ラグジュアリーカー)に分類されるモデルではディーゼル車の人気が最も高く、顧客の獲得率は80%以上となっている。ただし、小型のA、Bセグメント(ミニカー、スモールカー)では2011年以降、その割合を約30%減らしている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テレビ、ネット同時配信へ ... | トップ | ティム・クック氏、アメリカ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。