とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

帝国崩壊の例外

2017-02-13 23:49:39 | 哲学・社会
サピエンス全史 P238 ユヴァル・ノア・ハラリ

一般に、帝国は外部からの侵略やエリート支配層の内部分裂によってのみ倒された。逆に、征服された民族は、帝国の支配からはめったに逃れられなかった。ほとんどが何百年も隷属状態にとどまった。たいては、征服者である帝国にゆっくりと消化され、やがて固有の文化は消え去った。

中東とローマがそうであるならばそうなんでしょうけれども、ソ連の自壊(自壊する帝国)と、大日本帝国支配の朝鮮(消化されずに分離した)とか例外しか私の頭にない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドゥテルテ大統領、恫喝!韓... | トップ | どうして日本にやって来る中... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

哲学・社会」カテゴリの最新記事