とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

美術・芸術の社会評価体系

2017-03-07 23:47:33 | 哲学・社会
メモ。裏無しでバンバン書く。

美術・芸術の社会評価体系であるが、西洋美術のトレンド変遷、というよりは、それを評価する社会体系から俯瞰的に考えてみたい。

言わば、キリスト教神学が人間内部に理解しうる体系としての哲理的考察を独立で行えるのに対し、宗教学では世界に数ある宗教の内の一つとして分析するという対比のように、今回の記事では「宗教画→写実主義→印象派→フォービズム/キュビズム/シュールレアリズム/抽象画」のプロセス変遷ではなく、社会評価がどのような基準で文化を評価し、その文化が栄えたか、になる。

帝政ロシア
パトロンとその評価基準。
パトロンが気に入ったものが発達。

アメリカ
批評とブロードウェイ、映画産業と経済効率主義、拝金主義
観客が気に入ったものが発達。

日本
評価サイドやスタッフ、出演者、事務所がガチガチに固まって、「この有名人が出るから見てみよう」と流動する実写よりも、「とにかく面白いのが正義」として戦っているアニメとその視聴者
どうも人口からの産業規模が小さいというのと、収入配分がいびつであるようで、十分な資金繰りが出来ない模様。
観客が(以下略)。
但し、ネットでミーム的に発達したボーカロイドのCGなどは、金を出すというよりも、ただだた、製作者や視聴者が面白いという理由だけで発達した。初期はムーブメントを起こしたが、現在ではその潮流は減衰中。

中国
そういうパトロンはいないし、経済効率主義ではあるが、批評ができない
喧々諤々に批評する大人口の視聴者
中国は、インドや、これから映像産業国として勃興するだろうナイジェリア以上に人口がある。
それなのにどうして中国では面白い映像産業がバンバン出て来ないの? という。原因は不明。
昔ジャッキーチェンが頑張っていましたが、それだけ。

インド
もうとにかくやたらめったらダイナミズムのある大人数の出演者。
デートと言ったら映画、と言うくらいに社会的に定着している模様。
世界展開しているハリウッドやディズニー、ピクサーなどと比べ、ボリウッドは飽くまで局所限定的。
インドの一国内でも言語ごとにタミルとテルグとかの系統があるらしく(そもそも言語が違って、互いに興味がないというか、見ても言葉が分からないらしい)、規模が小さくなるらしい。でもそれでいてあの規模になっている。

ナイジェリア
現在、ハリウッド、ボリウッドに次ぐ第三の映像産業国として勃興しそうなのがこの国と言われている(人口規模の動態推移から)。
まだそんなに出てきてはいない模様。



もっと低予算に! そしてもっと厖大なコンテンツを! 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカというダイナミズム | トップ | ゲーム・マンガ・アニメの芸術性 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

哲学・社会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。