とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

最近の体調の変化

2017-05-03 21:36:03 | 最近の出来事
1.
記憶ははっきりしてきたが、完調とはいかない。
むしろ若干ボケ始めている部分がある(パッと今日が何日かというのが分からない)。
これは2015年6月頃に職場の女性から指摘されたことで(いちいち言うことが鋭い)、その頃からあったということになる。

昔のことは結構覚えているとは思うものの、短期記憶が全然だ。
これはこのブログを書いていることによって、ある種の解毒作用がなされたものと言える。
ブログを書けば書くほど、健康を取り戻している。
もっと書けば、もっと頭の中が鮮明になるだろう。

2.
皮膚に小さいしこりが見つかったので検査をしにいくと、腫瘍だという。
これが悪性になると皮膚がんへと繋がる、という説明だった。まずは三ヶ月様子見にしている。
私としては気にしていないが、とうとう来るべきものが来たか、と言う感じだ。

3.
自転車に乗って、とりあえずは60km走っても大丈夫なようになった。筋肉がつき始めている。
私がつぶれたのが2008年、そこから絶望を感じて、本当に残りの人生を生きるためだけに生きる感じであったが、それではいけないと自転車を買って乗ることにした。
過労で身体が動かなかったので、ギアが重くなる競技用の自転車(ドロップハンドルタイプ)を買い、一番重いギアで走った。これだと身体をあまり動かすことなく、距離的に移動できるので、これが一番性にあっていた。
それと同時に、当時の私は思考が明瞭にできないと同時に、体の方も全然動かなかったのである。
2010年の4月のときは、徒歩10分で往来できる道を私が歩くと、20分かかる有様だった。
今から思えば本当に酷い状態だった。

自転車は2011年の夏に買ったものだが、やり始めの頃は本当にひどく、数年前くらいまでは30km走って帰り道になると、足全体がつりまくって、道に転げ、アスファルトの上でうずくまっているような有様だった。
道行く女性に「大丈夫ですか」と声をかけられ、全然大丈夫じゃないけれども「大丈夫です」だとか答えて、その次の日に丸一日布団の中で横になって苦しんでいた。
こういうことがあるので、基本的には念のために連休の初日に自転車を漕ぐようにしている。

だが、今ではもう足がつることがないし、本当に遅いスピードではあるが、坂道を登りきれるようになり、翌日に動けなくなるということもなくなった。筋肉痛も、足がつるということもない。

4.
昔、台所でコンロの火をつけて料理しているところに、色んな燃えやすいものを動かしてしまっている自分がいて、それを思い出すと、「本当にあれは運が良かった」と思っている次第である。
そういう運を下さった神様か守護霊かは分からないけれども、本当にありがたかったと思っている。
もしそういう存在がいたならば、礼を言いたい。本当にありがとうございます。そしてお手数をかけてしまい、申し訳ありません。
しかし、認知症の老人はこんな感じで死んでしまうのだろう、という実感も持った。

5.
私が潰れたときに勤めていた職場は「○○」と言う。
このような状態に追い込んだ○○を、私は絶対に許しはしない。

人をこんな風にしておいて、誰も謝らない、誰も謝りに来ないというのは、実にひどい話では無いか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« AA→絵 | トップ | 【2chの反応】:ヘイトス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。