とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

「嫌いなテレビ局」を調査 ダントツだったのはあの2局

2016-10-08 16:45:12 | 報道
ほぼ下馬評どおりだが、しかし裏に隠れている評価尺度とは何か。
それは視聴者、国民をバカにせず、真摯な態度で仕事をしている、ということになる(いや、今の仕事を出来ていない私がこれを言う立場と権利がないのだが一応言った)。

私としてはNHKとフジに頑張って欲しい。
腐ったりNHKとは言え、真摯な人が多い。昨今のネット課金には同意できないが、日本全国津々浦々に至るまで電波配信するというのはNHKにしかできない。離島のお年寄りも山間部に住む人たちも、NHKを頼りにしている面があるからだ。これは真の公平分配の思想だ。
そういう意味で行くと、料金徴収から不祥事を重ねたまま高給を貰う職員には疑問しかないが・・・。

フジも、出雲駅伝の放送に行っているのは今後の放送業界として間違いではない。ただ、先日の「君の名は」での江川達也さんが批判した折に出た、「作品としてどうするか」という面において、内容の前に大衆的なムーブメントが作れないとNGなのだ。

報道という定義は何か、というと、私が個人的に考えるに「広く大衆に情報を連携・情宣せしめることによってなされる大衆社会の防衛」なのだ。
よってこれがあるから報道正義が成り立つ。

番組はそれに連なり、大衆のことを考えた娯楽提供を行わなければならない。
それには真摯でなければならない。

昔は「突撃隣の晩御飯 北朝鮮編」をやろうとして潰されたという企画が(実際に)あったようなのだが、そういうはちゃむちゃぶりをやるのとは別にして、自分たちが食えるだけの荒っぽい手段で番組を作るのではなく、本当にお客さんの目線で番組は作らないといかんのか、あるいはそれは本当に無視して、結果的に出来上がったものが客に喜ばれればいい、というのか、これはゲーテのファウストの冒頭にも有った問題だが、どちらにしろ、真剣に仕事をしなければならないことには変わりはない。


「嫌いなテレビ局」を調査 ダントツだったのはあの2局
2016/10/06/ 06:00
http://sirabee.com/2016/10/06/163242/

かつて、メディアといえばマスメディア。テレビはその中でも、国民の注目を集める別格の存在だった。

しかし、インターネットやソーシャルメディアの普及により、メディアという言葉はすでにマスメディアのみを指すものではない。

ネットユーザーの中ではむしろ「マスゴミ」などという言葉もあり、テレビや新聞の報道や番組に否定的な声も目立つ。

では、実際にどんなテレビ局が嫌われているのか? しらべぇ編集部は全国の20〜60代男女1,338名を対象に「もっとも嫌いなテレビ局」について調査。

その結果をランキング形式で紹介しよう。


■男性がもっとも嫌いなのはNHK

男性671名の結果を見ると、「もっとも嫌い」という声が最多だったのはNHKで3割を大きく超えた。2位はフジテレビが接戦で続く。

その他の民放がもっとも嫌いと答えた人は、多くても1割ほど。この2局が集中的に嫌われていることがわかる。

■女性はフジテレビがNHK超え

女性は、男性とはやや順位が異なる。ほぼ同率だが、もっとも嫌われているのはフジテレビで、NHKが続く。

また、男女とも「嫌い」という声がもっとも少ないのは、TBSとなった。

今回の調査結果を20代男女に絞って見ると、フジテレビを嫌う層が4割に迫った。2局に集中する構図は変わらないが、一方でもっとも少ないのはテレビ朝日となる。


■フジ・NHKの広報ともノーコメント

しらべぇ取材班が、フジテレビとNHKの広報に話を聞いたところ…

「こうしたデータについては、どのメディアにもお答えしていません」(フジテレビ広報)

「この調査結果については、コメントできません」(NHK広報)



とのこと。

NHKは、受信料の徴収がネガティブイメージにつながっているのではないだろうか。フジテレビは、2011年に行われた大規模なデモがこうした印象のきっかけと考えられる。

しかし、NHK大河ドラマの放送時間にツイッターが「#真田丸」のハッシュタグで祭り状態になることからも、NHKが徹頭徹尾嫌われているとは考えにくい。

一方のフジテレビは、視聴率的にもやや苦戦している感はあるが、テレビコンテンツでもソーシャルメディアで人気を集めるものの中に、復活の糸口があるのではないだろうか。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノーベル賞とはなぜ価値があ... | トップ | 商売の基本、うまいものを求... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

報道」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。