とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

森会長は超不機嫌…五輪コスト削減案 都知事にクギ

2016-10-01 09:50:48 | 海外・国内政治情報等

森会長は超不機嫌…五輪コスト削減案 都知事にクギ
[2016年9月30日9時43分 紙面から]
http://www.nikkansports.com/general/news/nikkan/1717538.html

 2020年東京五輪・パラリンピックの開催費用などを検証する東京都の調査チーム「都政改革本部」は29日、3つの競技会場の建設中止を含む抜本的な見直し案を、小池百合子知事(64)に報告した。大会経費が3兆円超となる可能性を指摘し、コスト削減を提案。現在の五輪推進体制について「社長と財務部長がいない会社と同じ」と断じ、組織委が出したツケを都が支払う仕組みを批判した。

 都政改革本部会議で提案された競技会場の見直しになどについて、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長は29日、小池都知事に直接クギを刺した。

 「提案は知事に対するもので、知事がどう判断するかを伺ってコメントする」と前置きした上で、「施設建設はIF(国際競技連盟)とNF(国内競技団体)の了解がない限りIOC(国際オリンピック委員会)は絶対に受けつけない。組織委はこの問題に2年かかったほど。極めて難しいと申し上げた」と語った。

 同会議は組織委、国、都の全体経費を横断的に把握して管理する「司令塔役」の不在を問題視し「都や国が一元的に管理すべきだ」と結論付けた。都が多額の税金を投入し、組織委に赤字が生じた場合も都が補填(ほてん)する仕組みとなっていることから政府関係者は「都知事がより実権を持つのが自然」と指摘する。

 これに対して森会長は「私たちは都の下部組織ではない。内閣府に認可された団体。都知事の命令で動かせる組織ではない。出資金がもったいないというならお返ししますと知事に申し上げた」と反論した。

 また、大会経費が3兆円超との試算には、小池氏の都知事選での発言を皮肉り、「『1兆、2兆、3兆だ』と豆腐屋ではあるまいし、選挙の時の言葉を、公式な議論で出すべきではない」と批判した。


森さんにはかなりうまいブレインがついているな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 斜めに開けるノートが斬新。 | トップ | 留学費用のため、自分の処女... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海外・国内政治情報等」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。