とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

私と見城イズム

2016-10-15 02:18:55 | 雑感
話は長くなるのだが書き出さねばならない。

こと、私はこのブログで過去にいかに酷い目にあったかをぐちぐちぐちぐち書き連ねて来たのだが、それもこれも働きすぎて自分が潰れたのと、そしてそれだけ働いたのに評価の昇進も昇給も、あるいは何らかの声かけ--例えば、お前はよくやっただの、あるいはここがダメだのと言われなかったことが元で、こういうことを書いているのである。
(いや、何度か課長に対する態度で注意された。)

だが冷静に考えてみると、私に体力が無かったのと、出世の作法を知らなかったのと、実力がそもそも無かったので、評価されなかっただけである。
いやしかしそれでも、自分の1/15しか仕事をしていない先輩が先に出世するのはどう考えてもおかしい(あとこの先輩は完全に仕事ができないタイプであった)。

そんなこんなの煩悶を抱えていて、やれ残業100時間越してどうたらだのと愚痴っている私は、あたかも労働嫌いで通る印象だとは思うし、事実今の私自身も労働が大嫌いになった。
ただ、私は幻冬舎を立ち上げた見城さんの考えには同調するのである。そう言われても迷惑かもしれないが、とかくそうだ。

・~・~・~・~・~・~・~・~・

10/14に本屋に立ち寄った。
読書の秋なんて関係ねー、いつも本読んでいるんだから今ぐらい休もうと思ったが、本屋に寄ったのが運のつき、あれよあれよと手に取っていったのが次の5冊
・絶望しきって死ぬために、今を熱狂して生きろ 見城 徹 藤田 晋
・世界史としての日本史 半藤一利 出口治明
・サピエンス 全史(上下) ユヴァル・ノア・ハラリ
・いま生きる階級論 佐藤優

いつだか菅直人氏が首相だったとき、「読書の秋だから」と言って書籍を買ったのがニュースになったのだが、私はこれに失望した記憶がある。
首相という職種柄、多忙なのは大変分かるのだが、しかしこれでは秋しか本を読まないような人間のように捉えられてしまう。
通年通して読書をしない首相で日本は大丈夫なのか? と当時は思った。
ちなみにキッシンジャーは週に三冊、ブッシュは月に一冊だったかと思う。

それはともかく、最初の書籍である「絶望しきって死ぬために、今を熱狂して生きろ」は「人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない」の文庫復刊である。新刊ではなく、復刊の際に名前を変えたようだ。
Amazonレビューでは「新刊だと思って間違って買ってしまった」というコメントでブーブーであったが、私にとっては吉報であった。
なぜかと言うと、「人は自分が期待するほど~」は丁度それを知った時に本屋に行ったが、もう在庫がなく、出版社にもないだろう、文庫本が出るかもしれない、もし出たらそれを買う方向で・・・という状況だったのだった。ということで値段も抑え目で復刊し、私の手に入れたいものを手に入れられたという状況なのである。
しかし真正面からの商品戦略としては若干間違ったのかもしれない。私のようなヘマをした人間には吉報だったが、この二人の著作の購入者層は、決してヘマなどしないからである。
ただ、人に薦める本として、「今だったら文庫で売ってるよ」と言う推薦は働くかもしれない。その意味ではこの文庫本は良い戦略なのかもしれない。

この前版のタイトルには思いいれがある。なぜかと言うと、「人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない」と言うのは、私が丁度それを疑問に感じ、そして「世間と言うのは全く自分を見ていないんだな」と思うようになった際にも、僅かながらにも煩悶があって、それを整理したかったからである。

労働を否定しながら情熱は肯定する。この矛盾とどう戦えばいいのか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ×「出る杭は打たれる」→○「出... | トップ | 寛大さが裏目に?移民大国オ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
引用ツイート(引用と質問) (トピルツィン)
2016-10-16 00:26:20
引用ツイートしました。
あと、『絶望しきって死ぬために、今を熱狂して生きろ』の評判を見に行きましたが、
案の定、Amazonレビューでは文庫版に「書名を変えるな!」の低評価の群れ、
単行本では「参考になりました!」の高評価が群がっていました。
…文庫の時に書名が変わるのってよくありますよねぇ。

あと、本文中の「ブッシュ」は大ブッシュ(いわゆる、パパブッシュ)ですか?

https://twitter.com/toopiltzin/status/787312768059793408
Unknown (booter)
2016-10-16 00:56:19
すみません、これ完全に忘れました。
パパブッシュだったような・・・

出展もうろ覚えです。「ブッシュ家とケネディ家 (朝日選書)」だったかな・・・、と(違ったらすみません)。
Unknown (トピルツィン)
2016-10-16 08:15:01
いえいえ。ありがとうございます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。