とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

サムスンに米ファンドが3兆円配当&分割要求 スマホ爆発響く7~9月業績

2016-10-13 00:40:41 | 海外・国内政治情報等

サムスンに米ファンドが3兆円配当&分割要求 スマホ爆発響く7~9月業績
2016.10.11 16:00更新
http://www.sankei.com/economy/news/161011/ecn1610110019-n1.html

「物言う株主」として知られる米ヘッジファンドのエリオット・マネジメントが、韓国のサムスン電子を再び急襲した。会社分割や30兆ウォン(約2兆8000億円)の特別配当支払い、3人の社外取締役就任などの要求を突き付けたのだ。(夕刊フジ)

 サムスンが7日発表した7~9月期決算の速報値は、売上高が前年同期比5・2%減の49兆ウォン(約4兆5600億円)、営業利益は同5・6%増の7兆8000億ウォン(約7260億円)。4~6月期との比較では減収減益。半導体は好調だったが、新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」のリコール(無料の回収・修理)でリコール実施に伴い1兆ウォン(約930億円)前後の損失が出たとの見方がある。

 系列ファンド2社を通じてサムスン株0・62%を保有しているエリオットは、サムスンの取締役に向けた書簡で「不必要に複雑な支配構造の影響で、株価が70%程度低く評価されている」として純粋持ち株会社と事業会社に分離すべきだと主張。30兆ウォンの特別配当や、独立した3人の取締役選任も求めた。

 エリオットは昨年、創業家のファミリー企業である第一毛織とサムスン物産の合併に強硬に反対した経緯もある。

 スマホのリコール問題が尾を引くなか、27日には臨時株主総会が開かれ、創業一族の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長(48)が、日本の取締役に当たる「登記理事」に就任する予定だ。こうしたタイミングを狙いすましてエリオットが逆襲に出た形だ。

 サムスンはエリオットの要求を「慎重に検討する」としている。持ち株会社化については、創業家の支配を継続するうえで好都合との見方もあるが、聯合ニュースは「会社が株式の50%程度を保有する外国人の手に移る可能性も排除できない」とする専門家の見方も紹介している。サムスンの試練は続くのか。


これはいかん。グローバルでやっている企業は外国人株主が多い印象だが、米ヘッジファンドの連中は韓国を収奪の場としてしか見ていない(無論他の地域もそうだが)。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国政府「平昌冬季五輪時に... | トップ | 訪日韓国人、今度はさび抜き... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。