とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

韓国人の日本土産チョコの中から「白色の骨」

2016-10-14 23:28:04 | 海外・国内政治情報等
というか日本を叩く絶好の機会だろうに、どうして証拠写真をバンバン挙げないんだよ。
パッケージ写真とかネットにすぐアップできようが。

翻訳は2chから。

2016/10/13
http://www.consumernews.co.kr/?mod=news&act=articleView&idxno=513627

最近海外旅行が増加していることで現地で直接購入した食品を膳物(※プレゼント、贈り物)する場合も共に増えている。しかし海外産製品から異物、カビが発見されても補償を受けることは難しくて注意が必要である。

ソウル市冠岳区に住むチェ某(女)さんは去る9月末、チョコレートを食べる中で異物を発見したと憤痛を爆発させた。硬い異物を噛んだので吐いて見たら動物の歯に見える小指の爪ほどの大きさの白色の骨が出てきたのである。

しかし製品のどこを探して見ても抗議することができる製造社連絡先を見付けることができなかった。これはこの間日本旅行に行って来た友だちが直接現地で買って来た製品であったため。

チェさんは「人が食べる物から獣の歯が出て来るなんて、そのままやり過ごすことはできないと思ったがどうすれば良いかも分からない」とし「もし飲んでしまったり、単純異物ではなくて病気にでもなったらどうしようかと考えるのもイヤだ」と話した。

国内製品や正式輸入された製品には‘食品衛生法によるハングル表示事項’を表示するように義務化している。これにはハングル製品名、製造社、輸入社、流通期限、原料、用量だけではなく問題が起きた場合に返品や交換を受けることができる方法、不正・不良食品に対する申告電話番号などが表記されている。

しかし外国で直接購入したり、小規模に‘海外直購’をした場合には問題食品でも補償を

食品医薬品安全庁も不法食品流通遮断システムなどを通じて管理・監督をしているが、個々人(※一人ひとり)が持ちこむ全ての製品を検査することは不可能であるという立場である。

食薬庁関係者は「消費者が海外現地やインターネットサイトを通じて直接購入する食品は
品質保証がされていないかも知れず副作用を経験することもあるので格別の注意が必要である”と當付(※念入りに頼む)した。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神戸のハルキスト 村上氏の... | トップ | 朝日新聞「社外秘」資料入手... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。