とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

昔の日本人

2017-07-16 20:05:36 | 雑感

ある時はありのすさびに憎かりきなくてぞ人の恋しかりける
(生きているときには身近にいるということに慣れてしまって、憎く思うこともあったが、なくなってしまうと人は恋しくなるものだなぁ)

源氏物語


彡(^)(^) 昔も今もおんなじなんやなあ
 気持ちは分かるわ。
 日本人なんやなあ。


討つ者も 討たるる者も 諸ともに 如露亦如電 応作如是観
(討つ人も討たれる人も、人生は露のように、稲妻のようにはかないものだ。)

大内義隆


彡(^)(^) 昔も今もおんなじなんやなあ
 儚さと死生が連綿と続く川の中にいることと、悲哀の全てを愛してその流れに住まう愛を感じるわ。
 日本人なんやなあ。


男衾三郎絵詞

家よく作りては、何かはせん。庭草引くな、俄事のあらん時、乗飼にせんずるぞ。馬庭の末に生首絶やすな、切り懸けよ。
(家を継いだからには心がけねばならない。戦時に馬の餌にするのだから庭草はボーボーにしとけ。調練場の端には生首を常に絶やすな、人殺しも忘れるな)
此の門外通らん乞食・修行者めらは、益ある物ぞ、蟇目鏑にて、駆け立て追物射にせよ。
(門前を横切る乞食や僧侶、修験者はとても有益なものだ、すばしっこく逃げるため弓の標的として活用せや)
若者共、政澄、武勇の家に生まれたれば、其の道を嗜むべし。
(武士と生まれたからには殺しまくれ)


彡(゚)(゚) ファッ!? 全然ちゃうやんけ。
 ただのキチ&暴力集団やんけ!? 
 こんなん日本人あらへんぞ! 

大松「日本人だぞ」

ちなみに江戸時代を経て、その形質が変質しまくった模様。

ちなみに軍事集団が占領先地域社会で横暴を働くというのは今日に至っても変わっていない模様。
(フランスのベトナム・インドネシア統治や、アメリカのフランス上陸、アメリカの原住民襲撃、イギリスの統治失敗での食料飢餓など)。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 魔王、猛暑に耐える為、夕食... | トップ | 精神的努力は構造を超えない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。