とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

戦前日本はナチスドイツに比べてどこまで悪く思われているか

2017-07-16 16:01:47 | 海外・国内政治情報等
事実を調査しないままメモを書く。今回完全に妄想である(妄想という名のリークではない)。
想定上の格子を組み上げて「こうではないか」と思いつくままにつらつら書くものだ。


錦の御旗、と言う言葉がある。
自分に正当性を確保するためにとりあえず中身や実態が伴わなくとも掲げる、行為の正当っぽい口実や言い訳のことだ。
征夷大将軍とは蝦夷を征する大将軍ということで、そりゃあ京の朝廷からすりゃあ、正義の味方ということだったろうが、関東や東北の人間からすれば迷惑千万以外の何者でもなく、逆にその正義が立場によって悪であった歴史でもあった。
それでも日本の歴史に刻まれているのは、なんとなく朝廷と幕府側がなんとなく正義っぽかったという認識なのであり、それを今の日本人は受け入れている。

ローマにおいては、皇帝は賞賛されても、制圧先のガリアの指導者・ベルチンジェトリクスは抵抗したもののその人権が対等に扱われることはなかった。

現代において、私はナチスに対してどうと言うことはない。しかるべき罪は断罪されねばならない。
それではフランスに上陸後にフランス人女性を襲っていたアメリカ兵は糾弾されなくてもいいのかというとそうではなく、これはこれでまた別個に糾弾されねばならない普遍的事案である。

そんな中、「今の状態はナチスにそっくりだ」と言うと、言われた相手は「そんなことはない」と弁明、あるいはそうでないことの釈明をせねばならない。
ナチスとは現在の世界、現代の政治社会において、逆「錦の旗印」であって、問答無用で絶対的に悪のレッテルを貼られる認識なのである。
これは現在交渉の上手いロシアが要所要所で繰り出してくる声明である。
逆にロシアは「今やっている事はスターリニズムの再来ですね」と言われるのを非常に嫌がるらしい。

さて、そんな中、戦前日本はどう思われていたのだろう。

世界的には教科書的にはやはり「旧日本=悪」と書かれているようだ。これは韓国に限らず、アメリカでどうもそうらしい(未調査)。
これは「戦前は日本というけしからん国家があったから、日本の戦争被害を食い止めるためにも日本に原爆を落とした」というのが一般的なアメリカ人の認識である。

その前にアメリカ自身が策定していた、正義の名のもとに日本を戦争に引きずり込む「オレンジ・プラン」があったこと、原爆を落とした後に、広島で救護施設をアメリカが開き、アメリカ発で医師団が派遣され、被曝した子供に回復のための薬を手渡していたが、それが効果のない偽薬であり、医師団の本当の調査の目的は被爆後の症状進行度合いの経過観察(直接的に言えば人体実験)をやっていたこと(公開されている米陸軍文書)などが挙げられる。

これは何も秘密にされている項目ではない。一般に流布されていないが、アメリカが自身の正義のために書きつけている公開文書をつなぎあわせると、こういうストーリー上の「アラ」が出て来る。

しかしそんな中でも、アメリカ人は自身を正義だと思っている。その裏側には日本の戦争被害がどれくらいのものだったのか、あるいは自身は戦争における最小限度の必要悪を、どれくらいの分量だけ遂行したかという贖罪意識は全くの希薄である。

よくアニメ映画「蛍の墓」を鑑賞後にぐったりしたという感想があったり、あるいは広島の原爆ドームに言ってこれまたぐったりしているのは、自身が何をやってきたのか分からない、あるいは認識していなかったりしたことの証左だ。
正義の名の裏には破壊的な暴力があり、現時代における米軍トップでさえも、倫理上の通念は勿論大事にするが、しかしそれよりも先行して考えなければならないのは、現実的な軍事力であることを十分に承知している。

・~・~・~・~・~・~・~

戦前日本の象徴であった旭日旗が、韓国一国から悪し様に言われるようになったのはごく近年のことからである。それまでは放射状に伸びるデザインに関して何も文句はなかった。

現在のナチス旗が冗談でもドイツ国内で掲げられないのは、世界社会的にナチズムが悪の象徴として断罪されたからだった。
(稀に歴史映画の撮影のために掲げられることはある)
単なるデザインでも、大量虐殺を想起し、もしやするとその再来を許してしまう社会的象徴を出す、ということは世に憚れる行為であるということだ。

このナチス旗は旭日旗とは同じレベルで悪の象徴なのだろうか? 
これは私が真理を発見するというよりも、世界世情を総合的に見る限り、現在悪の象徴と思っているのは韓国人だけのように思われる。

これは韓国自身が反日のイデオロギー教育によって結束している国家であるということもそうであるが、その他の国は、今現状の日本と日本人を見て、「何か言われてたのと全然違うぞ」と気づいたり、あるいはそもそも歴史教育をよくやってなくて、日本自体をアニメとゲームの国として見ているので倫理的悪の認識を持っていないというのも背景にあるように思われる。

「あいつは昔、わるものだったんだ! 」と言われて本人を見に行ったら、大人しくて意見を言わず、シャイで、でもゲームとアニメが面白いのを作っていて、「本当にそうなんか」と思うのと同時に、そういうことがいつの間にかどうでもよくなってくる人間だったから、倫理的悪と言うレッテルを固着させずらいのである。

それに引きずられて、昔の日本人像も結構あいまいになってくる。
カミカゼ、サムライ、桜、日本文化という具合に今ある人間を基準にして見ている。

それらを総合すると、個人的には、戦前までの日本が悪の象徴と思われているかどうかについては、世界的にそんなに意識はしていないように思われる。
韓国の歴史教科書では、「日本の誰々を暗殺した」と暗殺者の称揚のオンパレードになるとのことで、これを評した文章では「テロリスト史観の養成」と酷評していた。旧日本が悪であると言う教育は世界一般で行われているようだが、それを固着し、行動原理にするに至るまでの国家・国民は、特殊事情のある北朝鮮、韓国、中国の三カ国のみとなっているようだ。

以上である。


PS.
現段階における悪の指標はどこになるだろうか? 
そう、逆「錦の御旗」とは、ナチズムと共に、テロリズムが挙げられるだろう。

中国は、ウイグルの騒乱と統治をおそらく「テロとの戦い」と位置づけ、それの制圧を含む豪腕な統治をすると思われる。
それでは今後そのテロを行うとみられる組織はどこだろうか? 

今ある地政学上の変動を許し、内乱が止まらない中東、及びそのISISがある。
それと同時に、組織的、国家的にテロ史観の養成を国民に対して行っているところではないか--と。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 釈迦@『法句経』「他人の過ち... | トップ | 魔王、猛暑に耐える為、夕食... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海外・国内政治情報等」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。