とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

アルピーヌ、日本でも復活 2018年上期より

2016-10-13 01:14:59 | 映像作品
外見はいいが、なぜそんなロボットチックな内装にしたの・・・


アルピーヌ、日本でも復活 2018年上期より
2016年10月12日(水) 08時45分
http://response.jp/article/2016/10/12/283380.html

アルピーヌは11日、コンセプトカー、アルピーヌ『ヴィジョン』を日本でも公開すると同時に、2018年より販売することを発表した。日本は、欧州以外での初めての輸出市場となる。

1955年にジャン・レデレが設立し、レースやラリーシーンで活躍したアルピーヌ。市販モデルでは『A110』や『A310』、『V6ターボ』などが有名だ。

今から約20年前に生産を終了してから今日までアルピーヌというブランド名での生産はされてこなかったが、「2017年から欧州でビジネスを開始し、徐々にほかの市場に展開する。日本は欧州以外で初めての輸出市場になる」とは、同社マネージングディレクターのミハエル・ヴァン・デル・サンテー氏の弁。日本への導入時期は、「2018年上期に投入を開始する」と述べる。

販売に関しては「現在アルピーヌディーラーとして、ルノーディーラーの中でも最も熱意があり、優秀なところと少数のネットワークを構築したい」と意向を示した。

生産はアルピーヌの本拠地、ディエップで生産される。この場所はアルピーヌのレースカーやロードカーが生産されてきた場所である。その性能は「ルノー・スポールで開発し、0-100km/hは4.5秒を誇る」という。パワートレインについてサンテー氏は、「ターボチャージャー4気筒エンジンで、DCTギアボックスを搭載する」。また、プラットフォームについてサンテー氏は、「アルピーヌ専用で、全く新しいもの。他のルノー車や日産車とは共用していない。しかし今後エンジンやプラットフォームなどは別のクルマに使う可能性もある」とした。

なお、まだ予約は受け付けておらず、価格もまだ決定はしていないという。ただし、「ディーラーネットワーク構築が終了する2017年上期に予約を受け付けたい。プレミアムカーなので、他のルノー車よりは高くなるだろうが、大幅に高くなることはない」と語った。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« データ活用最前線[前編]~... | トップ | 韓国大慌て、「ノート7がここま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。