アマチュア無線局 JO1KVS

運用やグッズ、その他思いついたことを書き込んでいます。役に立たない独り言ですがよろしくお願いします。

夏休み アンテナ工作 オフセンター給電垂直アンテナを作ってみよう

2017-07-17 00:00:04 | アマチュア無線

アンテナ工作第三弾

材料

 ビニール線、約1/2波長分

 グラスロッド(グラスファイバー製の釣り竿、ケーブルキャッチャー、など)

 BNCコネクタ(シャーシ用メス)

作り方

 1/2波長のビニール線を、1:1ではなく、およそ3:2~2:1に切ります。

 長い方をBNCコネクタの芯線に、短い方を網線側につなぎます。

 長い方をグラスロッドに絡めて垂直に立てます。

 給電部はあまり地面に近くないほうがいいでしょう。

 短い方は真下に落とすというより、たなびかせて地面に下ろします。(積極的に地面に付けるより、浮いている感じのほうがいい場合が多い)

 どちらも先端は折り返しておきましょう。コロナ放電が起きるとSWRが落ちませんので。

 BNCコネクタに同軸ケーブルを接続してSWRを測ります。

 同調点は長い方を短くなるように折り返して撚り合わせます。

 

屋外でのフィールド運用に向いています。

テーブル脇に釣り竿を立てて、このアンテナに繋いで、その場で長さを調整。

たったこれだけでよく飛ぶアンテナの出来上がりです。

給電部よりも上に電流腹があるので、1/4波長のホイップよりよい結果が出ると思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« IC7100 はボタンの文字が光る | トップ | 今年は富士登山に行けない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アマチュア無線」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。