「本の町プロジェクト」ブログ

日本にも「ヘイ・オン・ワイ」のような本の町があったらいいな、から始まった物語。高遠での活動を経て次のステップを準備中。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

イベントのお知らせ

2008-05-31 21:08:24 | Weblog

============================================
「本の家」
〒396-0211 長野県伊那市高遠町西高遠1698
営業時間 10:00~19:00
電話0265-94-3933
月曜定休(祝日のときは営業)
http://hon-no-machi.com/
============================================

イベントのお知らせです。
《「本の家」から「本の町」へ》と題して、
北尾さんと私が出演して、下記のように行なわれます。
ぜひご参集ください(野崎)。


開催日   2008年6月26日(木)
時 間   午後6時~午後8時(開場:午後5時30分~)
場 所   101-0052 東京都千代田区神田小川町3-22 
       東京古書会館 7階
        東京都千代田区神田小川町3-22
        (JRお茶の水駅10分・地下鉄神保町駅10分)
入場料   500円
定 員   50名(要予約)
予約方法  葉書かFAX,インターネットで・住所・氏名・年齢をお書き添えの上、
       下記までお送り下さい。(6/20 必着)
出 演   北尾 トロ+野崎正幸
HP  http://www.kosho.ne.jp/event/yagaku/vol05.htm

イギリスにある古本の町ヘイ・オン・ワイのような「本の町」を、いつか日本にもつくりたい。 そんなことを想った五十代のおじさん達。昨年7月、長野県の山峡の町・高遠の杖突街道沿いに一軒の古本屋を開きました。いろいろあって、この春からは高遠町の中心部であらたなスタートを切ることに。店名は「本の家」。それが「本の町」へと発展していく夢の道筋とはどんなものなのでしょうか。 当事者のお二人から、そんなお話を伺います。




この記事をはてなブックマークに追加

ギター職人

2008-05-25 23:57:34 | Weblog
昨夜は伊那市内から車で30分ほど離れた西箕輪にある大屋建さんの自宅で行われたアコースティックギターのライブに行ってきました。

大屋さんは自宅の工房で手作りギターを作っているギター職人さんです。
丁寧なつくりのギターはギタリストの間では静かなブームになっていて、今は注文をさばききれないほどの人気だとか。

大屋さんのギターに惚れ込んで伊那に通うギタリストたちを招き、年に数回自宅ライブを開催されています。昨夜は今年初めてのライブ、しかも竹内いちろさん伊藤賢一さんの共演ということで、古民家の広い2間をぶち抜いた自宅スタジオが満員になる盛況ぶりでした。

竹内さんは昨年末に、やはり大屋さん自宅ライブで演奏を聴いたことがありました。このときは、出来上がったギターを引き取りにいらしていたのですが、偶然別の方のライブがあったので飛び入りで参加したときに居合わせたのでした。
昨日はその日受け取った12FジョイントのKen Oya Acoustic Guitars Model-Fを引っさげての登場。相変わらずの楽しいトークと熱いギターで楽しませていただきました。

この日もう一人の出演者伊藤賢一さんは東京を中心に活躍。大屋さん2000年作の Model-Fとスペインの工房によるクラッシックギターを使用してのライブでした。

不勉強にしてご活躍を知らずこの日初めて聞いたのですが、そのやわらかい音色には驚きました。ギターを弾いている姿も全く無駄な力がなく、自然なフォームから自然な音が紡ぎだされていきます。凄いテクニックをお持ちなのは当然ですが、それが表に出ることなく音楽に奉仕することのみに専念。
また、大屋さんのギターの音色がよいのです。中低音はふくらみがあって柔らか、なのに高い音域ではシャープで曖昧さを許さない厳しさもある。適当な弾きかたをすると破綻しそうなバランスが絶妙な音づくりと思いました。

次回ライブは8月とのこと。大屋ギターの素晴らしい音色を楽しみに出かけてみてはいかがでしょうか?



この記事をはてなブックマークに追加

二宮大人気

2008-05-20 17:23:08 | Weblog
といっても嵐の二宮君とは全く関係ないのでそっち方面を期待した人はすみません。店の前にある二宮金次郎の銅像のこと。


これ、長年ウチの実家に文字どうり転がっていたものでしたが、冗談半分に持ってきて店の前に建てたら、という話から開店前日に据えられたものです。

今月に入り気候も穏やかになったためか、小中学生の遠足でこの駅前を通る子供たちが増えてきました。この二宮君は彼らに大人気。中には頭を撫でたり一緒に記念写真を撮る子も。

小さくても重いので大変でしたが、こんなに喜んでもらえるなら持って来てよかったと思います。


今はすっかり定着しているようですが、台座が貧弱なので据付方法についてはかなり考えました。地面にボルトを入れて針金で固定、というのも候補だったのですが、倒れてしまうのが懸念されたので不採用。
結局、適当な大きさの枠のなかに立てておいて、周りをコンクリートで埋めてしまうことにしました。ところが、この「適当な大きさの枠」というのがなかなか見つからない。
開店2日前に急遽奥の倉庫にあった材木で枠を自作(これが4月29日の日記で書いている謎の木枠です)。開店前日、というか当日の深夜、コンクリートを練って流し込み、めでたく自立したのでした。


少し前には多くの小学校にあった二宮像でしたが、最近はあんまり見かけません。なんでかと思っていたのですが、ある人から、車が増えて歩きながら本を読むのは危険な行為になったから「手本」として示せなくなったのだ、という説を聞き納得。
その流れで撤去されたものが、何故か実家に流れ着いたのだと思われます。
なんにしても甦ってよかった。

ウチの二宮君は営業時間中毎日本物の本を読んでいます。
この本、毎日取り替えて私なりに意味の無いこだわりを続けてみようと密かに企んでいたのですが二日目であえなく挫折。
ちょっと考えたら雨に濡れたりするので売り物は使えないですよね。

ということで毎日同じ本を読まされて二宮君は退屈しています。
会いに来てやってください。





この記事をはてなブックマークに追加

新緑へ

2008-05-12 00:06:01 | Weblog
斉木です。

この週末の高遠は生憎の雨で、遠くから観光にいらした方には残念なことでした。雨のせいか寒さもぶり返してしまい、4月中ごろのような感じです。夜はストーブが必要なくらい。
そんな悪条件の中でも、地元の皆様を中心にたくさんのお客様に来ていただきました。ありがとうございます。


この写真はGW中の6日に花の丘公園で撮影したものです。
有名なコヒガンザクラは4月に終わってしまいましたが、こちらは八重桜がGWの頃に満開となりました。この日は天気にも恵まれ暑いくらいの陽気。
残念ながら土日の雨でこちらも終わりを迎えてしまったようです。

桜の季節が終わり、いよいよ新緑の初夏です。
未だアルプスの山々には雪が残り、天気の良い日には空の青と雪の白、新緑の緑が美しい時期になりました。
伊那谷の林檎園ではそろそろ白い林檎の花が開花。桜とは違って素朴な魅力で目を楽しませてくれることでしょう。

ご旅行の計画では是非このあたりもご検討いただけたら嬉しいです。


尚、明日月曜日は定休日になります。久しぶりに予定の無い日をノンビリ過ごそうかなと思っています。また火曜日からよろしくお願いします。




この記事をはてなブックマークに追加

「美篶堂・製本の世界」展

2008-05-05 00:12:20 | Weblog
============================================
「本の家」
〒396-0211 長野県伊那市高遠町西高遠1698
営業時間 10:00~19:00
電話0265-94-3933
月曜定休(祝日の時は営業)
============================================


5月4日
 開店して、もう4日目が終わりました。
 ほとんど宣伝も行き届いていないのに、たくさんのお客さんに来ていただき、感謝感謝の毎日です。
 店内では開店記念展示として、「美篶堂・製本の世界」展を開いています。美篶堂(みすずどう、と読みます)は、製本の世界ではよく知られた手作り製本の会社で、その製本技術を利用してクロス装のノートなどの文具も生産しています。
 今回の展示で、製本工場での製作プロセスを追う写真や、美篶堂が手がけた少部数限定出版のさまざまな出版物と、手作り製本のための道具類、そして文具類(虹のような世界なのです!)の販売などを通じて、そのすばらしい技術水準を感じていただければうれしいと願っています。
 ぜひ一度、ご覧になってみてください。(執筆・野崎)






この記事をはてなブックマークに追加

本日開店

2008-05-01 23:04:11 | Weblog
昨日はいろんなことがあって濃い一日でした。
でももうあまり思い出せません。

沢山の人が助っ人に来てくれました。そのおかげでなんとか今日、開店の日を迎えることができました。ありがとうございました。
また、宣伝が行き届かなかったにも関わらず、開店初日から来ていただいたお客様にも感謝いたします。

「本の家」の新しい船出です。これからが本番。
〒396-0211 長野県伊那市高遠町西高遠1698
10:00~19:00
月曜定休
0265-94-3933


よろしくお願いします。

この記事をはてなブックマークに追加