「本の町プロジェクト」ブログ

日本にも「ヘイ・オン・ワイ」のような本の町があったらいいな、から始まった物語。高遠での活動を経て次のステップを準備中。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マンリン書店

2007-11-30 12:28:55 | Weblog
「本の家」当番が終わったあと愛知県にでて、東京に帰る途中ではちょっと寄り道して蔵を使ったブックカフェに行きました。

場所は愛知県の真ん中あたり、豊田市から伊那谷の飯田へ抜ける街道筋の足助(あすけ)町というところ。付近には紅葉で有名な香嵐渓があって、平日なのに観光客で賑わっています。

足助の町並みは宿場町の雰囲気が残っていていい感じです。その町並みの中ほど、綺麗なディスプレイでひときわ目立つ建物が目指す店。
道路に面した手前が新刊書店と女子向け小物を扱う書店。真ん中にカフェ、さらにその奥が小さな美術館のようなギャラリーになっていて、カフェ部分は吹き抜けの高い天井が印象的でした。

ギャラリーでは12月24日までクリスマス展を開催中。そんな感じの展示がオッサンの一人客にはやや気恥ずかしかったのですが、カップルで行ったら楽しいかも。

書店のほうも含めて女性スタッフ中心の運営のようで、本は女性関係、まちづくり、田舎ぐらし、エコ関連などある程度絞り込んだ品揃えでした。この町はそんなに大きくないのにもう一軒新刊書店があるので、こうしたセレクトは住み分ける意味でも店の性格づくりでも自然な選択なのでしょう。

山の中の宿場町とはいえ、名古屋からなら猿投グリーンロード経由で2時間かからずにいけます。機会があれば町歩きとともにお楽しみください。

「マンリン書店」、「蔵の中ギャラリー」木曜定休




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「高遠 本の家」と「本の町」 | トップ | あけましておめでとうございます »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして・・・ (saba)
2007-12-04 10:19:35
先日、高遠に初めて行ったときに車から『本の家』を通りすぎて。。。『感じのいい店だなー』っと思いました。今回は行けなかったのですが、次回は必ずお邪魔させていただきたいと思います。
次回は是非 (斉木)
2007-12-04 22:09:05
saba様、コメントありがとうございます。

「高遠 本の家」は集落の中にいきなり現れますので、通り過ぎてしまう方が多いです。あっ、と思ったときには行き過ぎているという・・・(笑)
先月下旬あたりから夜は氷点下ですので杖突峠は路面凍結していると思います。おいでになる時には充分お気をつけください。

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事