「本の町プロジェクト」ブログ

日本にも「ヘイ・オン・ワイ」のような本の町があったらいいな、から始まった物語。高遠での活動を経て次のステップを準備中。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

谷根千の『一箱古本市』を覗く

2007-04-29 00:01:20 | Weblog
※以下の文章は、古本屋「書肆月影」大塚が書きました。

谷根千で春秋二回開催されている古本イベント『一箱古本市』に出かける。
神田や高円寺の即売会には、開場と同時くらいに行くこともあるが、このイベントではさすがに気が引け、着いたのは午後の一時も廻ってから。
まず、根津駅前の『オヨヨ書林』に寄ってみる。すごい人だかりだ。店主の山崎くんがいたので、挨拶。腹が減ったので「メシは?」と聞くと、「いや、北尾トロさんから一緒に食べようよ、と誘われたんですが、電話がかかってこないんですよ」という。北尾さんの携帯に電話をすると、「ゴメン、忘れてた、食べちゃった。謝っといて」とのこと。仕方なく、山崎くんの案内で、蕎麦屋『鷹匠』という店に入る。私は、田舎蕎麦を注文。ここは、朝の六時から開いているそうだ。組合のこと、知りたかったZenCartのことなどを聞く。
店を出てからは、各会場を巡回する山崎くんのうしろについて、箱のなかの古本漁り。途中、ブラブラしていた北尾さん、下関マグロさんに遭遇、一緒に廻る。マグロさん、久しぶりにお会いしたが、健康そうで何より。すっかり良くなったそうだ。流しの着物と下駄が、板に付いている。

根津界隈はすごい人出だったが、大半は根津神社の「つつじまつり」目当てとのこと。でも、『一箱古本市』もずいぶん賑わっているように見えた。
少し疲れたので、北尾さんと喫茶店でお茶にする。今日買ったのは、六千円くらいだから、平均よりちょっと多いくらいだろうか。「本の町」の今後のことなどを少々話す。「谷根千は文化の厚みがあるから、イベントをやっても映えるね」というのが、一致した意見。
その後、ふたりで『オヨヨ書林』にまた戻る。終了時間なので、店の前の売り場は撤収作業をしていた。店内を覗くと、「新装版柳宗悦選集・全一〇巻」が揃いで安かったので、求める。さらにオマケしてくれた。

追伸:今日の山崎くんは、何やらキレイどころに囲まれて、チヤホヤされていて、決して愉快ではなかったが、あとで実行役員の南陀楼さんのブログ「ナンダロウアヤシゲな日々」を拝見したら、チョンボも多かったようだ。ヨシヨシ、そうでなくちゃ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 書き忘れた高遠の分校 | トップ | 高遠の古民家、仮契約 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む