書店外商の無常日記

人生という名のフィールドワーク

2014/04/29 Tue.

2014年04月30日 | 日記
 放送大学26年度1学期は3科目にしぼり、多少仕事とも関連性があるので興味深くやれるはずだが、どうだろうか。



 面接授業の申請をしていなかったので、追加申請をと考え、調べてみる。おおよそ関心のある科目は満席になっている。今学期は面接授業なしになりそうだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014/04/28 Mon.

2014年04月29日 | 日記
 外商部はカレンダーどおりの営業。そしてこの時期からカレンダーどおりに休める。きょうは休日の間の勤務日。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014/04/27 Sun.

2014年04月28日 | 日記
 毎年のことだが、久しぶりの休日である。まずは自家用車のタイヤ交換。



 私的な範疇で、しなければならないことがどれだけあるだろう。とりあえず連休の間に放送大学の学習をはじめないと、また単位認定試験の間際になって慌てることになる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014/04/26 Sat.

2014年04月27日 | 日記
 休日出勤の連続はきょうで打ち止めにするつもりである。

 ようやく社用車のタイヤ交換にたどりつく。



 月曜日の準備までを終え帰宅。あすは久しぶりの休日である。お釣りの出ない商品券があったので、向かいのデパ地下でワインと、洋風総菜の詰め合わせを買う。ささやかなぜいたくである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014/04/25 Fri.

2014年04月26日 | 日記
 朝9時半過ぎに用事があって商店街を歩く。仕事には違いないのにどこか後ろめたさを感じるのは、遠い浪人時代の記憶からだろうか。



 ずいぶん先、7月の講演会での書籍販売の予定が入る。著者の方と挨拶以外の話ができるかどうかはわからないが、予習はきちんとしておきたい。ただの「本を売る人」で終わりたくないのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014/04/24 Thur.

2014年04月25日 | 日記
 いい天気になると遠出をしたくなる、というのでもないが、ほぼ2か月ぶりの遠征。間が空きすぎているのが気になる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014/04/23 Wed.

2014年04月24日 | 日記
 次の予定まで少し時間が空いたので、某高校を訪問。何人かの先生と雑談をする。これも仕事のうち。この学校には今年、高校の同級だったSさんが異動して来ている。「あと6年ほどで定年なので終点が見えてきた」と言われ、あらためていい年齢になったと再認識する。近況報告や同級生たちの消息を話すうちに、リタイアしたら生き残ってる人たちで集まったらいいんじゃない?ということになる。そうか、生きているだけでもうけものなのか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014/04/22 Tue.

2014年04月23日 | 日記
 給料日は毎月25日だが、9日で勤務が終わったアルバイトの給料は少し早めに出した。連絡をすると、何時間もたたないうちにふたりが取りに来る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014/04/21 Mon.

2014年04月22日 | 日記
 夕方から社員総出で3階の片付け。採用品の返品が主な作業。予想より量が多かったが予想より早く終了。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014/04/20 Sun.

2014年04月21日 | 日記
 日曜日の休日出勤はきょうで最後になるはずである。納品準備、見積書の作成、段ボールの整理、など。

 百袋入りのを買ったが、3か月ほどで残りわずかである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014/04/19 Sat.

2014年04月20日 | 日記
 来週以降も納品、販売が続くが、返品作業にも目が向くようになってきた。

 帰り際、事務所のドアの鍵を閉めていた時に、中で電話が鳴っているような気がした。開け直すとやはり暗闇の中で呼び出し音が鳴っている。出てみると高校生からで、2、3日前の学校での副教材販売の時に買いそびれたがどうすればよいか、とやや不安げな声の問い合わせである。残部は担当の先生に預けてあることを伝える。代金を入れる封筒に所在地と電話番号を入れておいたせいか、きのうは店舗でもない外商部の事務所にわざわざ買いに来た保護者がいた。きょうの電話はグッドタイミング、1分でも遅ければ少し落ち着かない週末を過ごすことになったのかも知れない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014/04/18 Fri.

2014年04月19日 | 日記
 几帳面ではあるが時にずぼらな行動をとる、というのが自己評価である。小学1、2年の頃、時間割に合わせて教科書を入れ替えるのはいかにも非効率に思えたので、全教科のものをランドセルに入れていた。そのことを教室で自慢したら、担任に言いつけられてしかられたことがある。なまくらなことには違いないが、誰にも迷惑をかけたわけでなし、今でも腑に落ちない。

 電話機のコードがねじれていた時にはコードの根元を持って受話器をぶら下げ、自然に回転させて直るのを待つ。ある訪問先でねじれたコードを直すのに受話器を拝むように持って丁寧に回転させている人がいて感心した。ああいうことをしたら自分はたいてい逆に回してしまう。ただし、ぶら下げてくるくる回しているのはあまり美しい風景ではないだろう。



 皆に疲労の色が目立つ。きょうはほどほどに切り上げて、あしたは冴えた頭で仕事をしようと呼びかける。本心は自分が早く帰りたいというのもあるが、そのほうが効率がいいに決まっている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014/04/17 Thur.

2014年04月18日 | 日記
 帰宅すると、放送大学富山学習センターから広報誌《たんぽぽ》などが到着していた。まだ仕事が忙しく、学習に取りかかるのは連休近くになるだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014/04/16 Wed.

2014年04月17日 | 日記
 定期購読している平凡社《こころ》18号が入荷する。副題に「大人の時間をとりもどす」とある。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014/04/15 Tue.

2014年04月16日 | 日記
 きょうは高校の副教材の販売が集中し、人のやりくりに苦労した。総動員である。トラブルはなく終了。

 夜になっても暖かい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加