書店外商の無常日記

人生という名のフィールドワーク

2012/11/24 Sat.

2012年11月25日 | 日記
 夜寝る時には夜中に目が覚めてしまったり、少し夜更かしをしても5時前に目覚めてしまうが、昼寝をする時にはよくこれだけ寝られるものだと我ながらあきれてしまう。ふだんの睡眠不足を補っているわけでもなかろうが、3時間の午睡のあと、日経を買うためにコンビニに行くついでにスーパーへ。長靴と、もう正月の飾りが並んでいる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012/11/23 Fri.

2012年11月24日 | 日記
 実際に三連休になるのはどれだけぶりだろう。例によって怠惰に過ごす休日だが、夜になってからきょう入荷した荷物の状態が気になり会社に行く。閉店後1時間と少し。雑誌は荷分け台に上がっていたが、書籍の箱が台車に積みっぱなしだったので月曜日の入荷のことを考え整理する。



 サイン販売会用に注文した単行本のほうが先行して入荷。



 売上・請求管理用コンピュータを起動させ、納品書を起票。



 たいしたこともしていないが1時間程度滞在する。

 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012/11/22 Thur.

2012年11月23日 | 日記
 冬を目の前にして雪吊りの作業が始まった。縄で作り出されてゆく幾何学模様は実用の美である。




 夕方のミーティングで来週の予定を組み、早めのタイヤ交換を呼びかける。


 サイン販売会で売る本を予習のため読んでおこうと1冊だけ注文していたものが入荷した。著者にインタビューして何かの記事を書くわけでもなく、あわただしく挨拶だけをして話をする余裕などないだろうが、目を通すのとそうでないのとでは何かが違ってくるような気がするのだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012/11/21 Wed.

2012年11月22日 | 日記
 午前中は諸般の事情で外商員I君に同行。運転手役ばかりでも退屈なので、某高校の職員室までついて行く。この仕事を30年もしていれば顔見知りで久しぶりに会う先生は何人もいる。I君に対して顔の広さを誇示するためではなく、多少なりとも受注増加につながればとの思いでのご挨拶である。もちろん、自分が「水戸のご老公」並の人物であるとの勘違いはしていない。



 午後1時半頃になってようやく昼食のための休憩。市立図書館7階食堂で。天然ぶりの刺身とハンバーグの日替り定食。



 テレビが真正面の席にうっかり腰掛けてしまった。場所を変えるのも面倒なので、そのまま小林旭が石原裕次郎との昔話をしている画面を見ながら食べる。テレビを見ながら食事をしている人の顔はほぼ例外なく間が抜けていて美しくない。僕の姿もたいしたことのないおじさんにしか見えないのかと思うと残念である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012/11/20 Tue.

2012年11月21日 | 日記
 12月1日にあるサイン販売会用の本を注文する。メインは以前に出た単行本を加筆訂正した先月の新刊の文庫本50冊。元の単行本も念のため少しとっておく。取次の支店の担当者に頼んだのだが、事前にネット上で確認した時からいやな予感がしていた通り、文庫のほうが出版社にも在庫が数冊しかないという。先月出たのならありそうなものだが、店頭で平積みするために発売時にはほとんど残さず配本してしまい、日を置かず品切れになることはよくあるようだ。現在返品待ちの状態で、サイン会用の注文だと念を押したのだがだめだったようだ。著者の所属事務所に連絡をすると、対応を検討して後で返事をするという。実はこの時点ではあまり心配をしてはいなかった。たいてい著者側から出版社に言うとなぜか何とかなってしまうのだ。

 午後、著者のマネージャーから連絡。出版社に頼んだら必要分は用意できるという。無事販売ができるのはいいが、書店も取次もこの件に関しては無力だったのが残念だ。それとともに、やはり著者の立場は大きいのだと実感する。ところで、どのようにして調達したのだろう。考えられるのは、実際には返品がすでに来ていたが、再出荷の改装待ちのため在庫にカウントされていなかった、あるいは著者側の依頼にノーと言えず、大型書店などにある市場在庫を集めたのか。機会があれば事情通に聞いてみたい。

 今日は比較的暖かいが、街は年末への準備が進んでいる。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012/11/19 Mon.

2012年11月20日 | 日記
 今週は金曜日が勤労感謝の日で休みである。休日が1日多くて喜ばしいのか、仕事がその分できないので残念なのか微妙なところである。もっとも、その日は荷物が入るので出てきてしまうような気がする。

 午前中は出ずっぱり、事務の社員がひとり休んでいるので午後からも落ち着かない忙しさである。ようやく一息ついたところで某放送局のNさんから講演会でのサイン販売会の依頼。なぜか休業土曜日に出張販売の予定が入ることが多いが、今回は代休を面接授業の日に入れて堂々と休もう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012/11/18 Sun.

2012年11月19日 | 日記
 きょうは義父の四十九日法要。納骨ののち会食。

 通信指導をシステムWAKABAで提出する。印刷教材を参照しているにも関わらず、グローバル時代の人文地理学と文化人類学でそれぞれ一問ずつ落としていた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012/11/17 Sat.

2012年11月18日 | 日記
 きょうは休暇を取って、ある高校の保護者向け学校見学会に出かけた。娘のためというより自分の母校でもあるこの高校を見てみたいという思いのほうが強い。隣接学区にあり通学は可能だが、富山市内からこの学校を志望する生徒はほぼ皆無である。その逆にこの高校のある市から富山市内の高校に通う生徒は相当数いるようだ。

 保護者向けの行事なのだが校舎の外観だけでも見せておこうと思い、娘を連れて行く。回り道をして駅に行き、そこから通学路を車でたどってみる。市役所の駐車場を横切り、正門を通らずに裏から入る電車通学生の経路をそのままに。

学校要覧から拝借した写真。校舎4階からは富山湾が見える。


 校舎は僕が卒業したあとに改築された。3年の3学期の形ばかりの授業は教室の窓から古い校舎が壊されていく様子を眺めながら受けた。



 まず、学校の概要のビデオを見て、先生の補足説明。そのあと学校内の各施設を見て回る。一人だけ子どもが混じっていたので聞いてみると生徒も見て構わないというので、車に待たせてあった娘を呼び一緒に見学する。在学時から残っている建物はわずかである。新校舎に先行してできた第二体育館、図書館、講堂のみである。新聞部の部室があった独特の匂いがする30周年記念館もすでに無く、「記念館90」という名の新しい建物に変わっている。最初の説明はこの「記念館90」で行われた。

 築75年の講堂がこの学校で最も古い建物である。僕より1,2年あとの卒業生であればメインの校舎も知っているはずだが、「もしOBがいらっしゃったら懐かしく感じると思います」と説明の時にわざわざ言うので「うん、懐かしいなあ」という声を思わず出してしまった。僕の時には入学式や卒業式もこの講堂で行われた。3年生の4月、新入生向けの部活動紹介で僕がここの壇上に立ち、原稿棒読みに近かったかも知れないが新聞部の紹介を無事こなした。二百数十人もの人を前にしゃべったことなどこの先にもあとにもない。そして、巖本真理弦楽四重奏団の演奏会もここであったのだ

 僕の知っている高校の中でも充実した設備を備えていると感じた。この環境の中に自分の子どもを、と思うのは親バカでエゴでしかない。ただどこに進んでも、後悔のない高校生活を送ってほしいと願うのみである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012/11/16 Fri.

2012年11月17日 | 日記
 久しぶりの晴天。



 いろいろ大変な一週間だった。あすは半日営業日だが自分も含めて半分以上の人間が休暇を取る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012/11/15 Thur.

2012年11月15日 | 日記
 高等学校指導書確定注文書を提出期限の前日に完成。各高校から提出された数量を入力、その後チェックをして印刷。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012/11/14 Wed.

2012年11月15日 | 日記
 今週唯一のマイペースで仕事ができる日だと思ったが、さにあらず。急な資料作成の依頼があり、業務終了は午後8時半を過ぎた。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012/11/13 Tue.

2012年11月14日 | 日記
 事情があってしばらくの間、仕事の組み立てを変える必要が出てきた。忙しくなるのだが、現場の問題点をこの目で確かめることができるのでかえって良かったのかも知れない。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012/11/12 Mon.

2012年11月12日 | 日記
 けさは鍵当番のため7時過ぎに出社する。裏のシャッターを開けて気が付く。きょうは休配日のため原則入荷がなく、都合できょう配送の雑誌が数個あるだけだった。荷分けをする必要もなく思わぬ余裕がある朝。ちょうど家から持ってきた「香味焙煎 深煎り」でコーヒータイム。



 優雅に始まった一週間だが、夕方に問題提起と問題発生で一瞬にして状況が暗転する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012/11/11 Sun.

2012年11月11日 | 日記
 新聞の読書欄はずっと以前であれば月曜日だったと記憶している。日曜日は社会の動きが少なく、紙面に余裕があるからというのが理由だったと思う。多数の読者の便を考えれば、今のようにゆっくり読める日曜日の方がいいだろう。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012/11/10 Sat.

2012年11月10日 | 日記
 きょうは半日勤務の土曜日。みんなが帰ったあと環境整備をしてから会社を出る。

 市立図書館と県立図書館のはしごをする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加