書店外商の無常日記

人生という名のフィールドワーク

2012/07/29 Sun. 単位認定試験終了

2012年07月30日 | 日記
 今日の単位認定試験は午後から2科目、「都市社会とコミュニティ」「英語講読」。結果はともかく、試験が終わった開放感を味わう。

 今学期の目標は学習スタイルを確立することだったが、ようやく方向性が見えたにとどまった。関心はすでに来学期の受講科目の検討に移っている。ただし、8月中に今学期未完の科目を仕上げておきたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012/07/28 Sat. 単位認定試験

2012年07月29日 | 日記
 単位認定試験を受けるため、12時半の終業とともに会社を出て富山学習センターへ向かう。4時限の開始は13時15分だが5分遅刻。きょうは4科目、「社会学入門」「格差社会と新自由主義」「日本語からたどる文化」「社会の中の科学」である。択一式の試験で印刷教材持ち込み可の科目があることに疑問を感じていたが、「格差社会と新自由主義」は印刷教材を参照してもかなり難解である。きちんと理解していないと解答できない設問になっている。「社会の中の科学」は持ち込み不可。講義そのものがむずかしかった。科学史あるいは科学技術史なのだが、さかのぼること紀元前、もはや「哲学」の範疇になってしまう。この科目は再試験になる可能性がある。



 今学期は印刷教材を読了し、放送授業をすべて見終えた科目は皆無であった。やはり6科目は多かったのだろうか。試験会場退出は18時半過ぎ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012/07/28 Sat.

2012年07月29日 | 日記
 きょうは外商部の棚卸し。店売ほど在庫を持っていないので2時間足らずで終了する。半日勤務の残り時間は小学校の後期用教科書の開荷。図画工作と生活科を開き終える。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012/07/27 Fri.

2012年07月28日 | 日記
 午睡をとらないと午後からの仕事に支障をきたすのは相変わらずだが、そのための秘密の場所が最近は暑くてたまらない。冷房を入れようと思えば入れられるのだが、昼寝のために階全体を冷やすこともできず、少しでも快適な場所を求めて放浪することとなる。


いつもの場所はこの階のどこかに、ある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012/07/26 Thur.

2012年07月27日 | 日記
 きょうも富山県総合庁舎の地下食堂で昼食。写真を撮っていて気がついたが、漬物と味噌汁の具が昨日と同じである。嫌いなものでないので問題はない。



 7時を過ぎたのにまだ暑い。駐車場までの道のりも大変である。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012/07/25 Wed.

2012年07月26日 | 日記
 夏の間は富山県総合庁舎の地下食堂で昼食をとることが多くなる。漬物を真ん中に置いたのはおかしい。ただしセルフサービスなので、こういう配置をしたのは自分である。味噌汁に蛍光灯が映り込んでいる。



 夕方、9月末の「14歳の挑戦」の打ち合わせのため中学生2名来社。その後、先日終わった「14歳の挑戦」に来ていた生徒がお礼の手紙を持ってやって来る。店長が不在だったので、1階のレジに封筒を渡してそのまま帰ったようだ。2階の事務所には指導にかかわった人間が2名いたのに、せっかくだから上がってきて欲しかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012/07/24 Tue.

2012年07月25日 | 日記
 きのうのワークショップは時間オーバーだったのが気がかりだったが、各高校の担当者から、参加者の感想はおおむね好評だったとの話を聞きひと安心する。あの手の場所に出かけると何年ぶりかに顔を見る人が必ずいて、きのうも何人かとは挨拶を交わした。きょう、ある外商員から「司書のNさんに『Fさんと久しぶりに会いましたよ』と言われました」と報告を受けたが、挨拶した記憶も顔を見た記憶もない。進行サポートで会場内を動き回っていたせいで気付かなかったようだ。

 今日はめずらしく午後6時半前に全員が帰宅。僕も久しぶりに早めに会社を出る。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012/07/23 Mon.

2012年07月24日 | 日記
 県内高校の図書委員の研修会でワークショップの運営を依頼されたので、午後から総合教育センターへおもむく。といっても、わが社には自前でできる能力も余裕もないので、ある出版社にお願いをした。事務局が置かれている高校からは、本に関することなら何でもいいといわれていたので、検討の末、「本のカバーでエコバッグを作ろう」というテーマで行うことにした。おおざっぱに言うと、本は出版社から「取次」といわれる問屋を通して書店に配本される。売れ残った本は、逆のルートで出版社に送り返されるのだが、これらの返品された本はすべて処分されるのではなく、程度のいいものはカバーを付け替えてふたたび出荷される。この取り外された古いカバーを使って何かできないかと考えられたのが、この「エコバッグ」なのである。そして、このワークショップのためにS社のF氏に出張も兼ねて来ていただいた。







 出来上がりは紙の手提げ袋である。本来廃棄される本のカバーを使って作るというところが「エコ」なのだ。ただし、今回は使用済みを人数分用意できなかったので、新品のカバーをを使う。



 段取りをして、講師を会場までお連れしたところでコーディネーターの役割は終わったものと思っていたが、場数を踏んでいるはずのF氏も百人あまりに教えるのは初めてということで、質問に丁寧に答えるうちに予定の時間を超過しそうな気配だ。事務局の先生方とともに進行のお手伝いをする。会場右前方の来賓席にずっと腰掛けているより僕には似合う。

 予定の時間を20分以上超過したが、ほぼ全員が完成。F氏の熱心なな指導のおかげで無事終了する。あす以降さまざまな感想が聞かれるだろうが、反省点を差し引いても成功の部類に入ると思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012/07/22 Sun.

2012年07月23日 | 日記
 学習のためのまとまった時間がとれるのはきょうで最後である。まず、提出する必要がなかったので手をつけていなかった通信指導の自習型問題に目を通してみる。「英語講読」と「社会の中の科学」の2科目にまったく歯が立たない。

 一日どこにも出かけないのは不健康に思われるので、マックスバリュ上飯野店に出かける。木綿豆腐を頼まれたのだが、つい余計なものまで買ってしまった。よって本日の試験対策は中途で終了する。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012/07/21 Sat.

2012年07月22日 | 日記
 今日も半日の勤務日。たまっていた伝票のチェック作業を一気に片付ける。早めにやっておかないとあまり意味をなさないのだが。

 何事もなく終業時刻を迎える。

 単位認定試験まで1週間である。


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012/07/20 Fri.

2012年07月22日 | 日記
 今日も期待されて閉店時間まで居残り。途中、向かいのデパ地下のドンクで夜食のパン購入。「やわらかチーズのポテトバタ-」。



 環境整備をして、閉店後に帰宅。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012/07/19 Thur.

2012年07月20日 | 日記
 仕事を早めに切り上げて、といっても勤務時間はとうに過ぎているが、ある高校の吹奏楽部の定期演奏会に出かける。これもプログラムに広告を出しているスポンサーということで、10年あまり見続けている。落ち着いたコーラスもいいが、華やかな吹奏楽もまたいい。第2ステージから聴き始める。


 プログラムの裏表紙中央には、Thank you for comming/See you next summar!と書かれてある。来年も来るからね。

 アンコール2曲目、コンサート最後の曲は毎年“We are all alone”。この曲を聴き終えると、今年もいよいよ真夏が始まるのだ、と思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012/07/18 Wed.

2012年07月18日 | 日記
 午前中、商店街の中の某所に書類を届けに行く。グランドプラザは閑散としている。



 帰り道、昼食用に「地場もん屋」で350円の幕の内弁当を買う。



 富山県内のスーパーではエコの名目でレジ袋を5円で買わなければならないところがほとんどだ。ここはスーパーではないのだが有料だといわれたので、新聞紙に包んでもらう。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012/07/17 Tue.

2012年07月18日 | 日記

 10時前でこの表示である。公式発表よりかなり高いが、ひなたは実際これぐらいの気温なのだろう。



 夏本番の空である。梅雨明け宣言はまだだが、そういう発表はどうでもいい。きょうは真夏、それでいいではないか。

 出張販売の段取りと、棚卸しの人員の振り分けに頭を悩ます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012/07/16 Mon.

2012年07月17日 | 日記
 午後、ある高校のコーラス部のコンサートに出かける。プログラムに会社で広告を出しているので招待券が来るのである。今年は50回の節目の年で歴代顧問が客演指揮者として登場し、また例年に比べてOB・OGの参加も多かったようだ。

 人の歌声はどんな楽器の音色よりも美しい、と思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加