書店外商の無常日記

人生という名のフィールドワーク

2017/07/05 Wed.

2017年07月06日 | 日記
 昨夜、資料作成中に気になった点を、きょう先方に確認する。幸いにも「あえてそうしてある」とのこと。仮に訂正する必要があったとしても十分に時間はあったことがらである。

 発注数が近日中に確定する書籍について。商品の性格からして、品切、あるいは在庫僅少になることはまずないだろうと高をくくっていたが、これも急に心配になって出版社に問い合わせる。ああ、こういうこともあるのか、と思った。来月に改訂版が出るので出荷を止めている。多少の在庫はあるのでどれだけ必要か、とたずねられる。とりあえず、考えられる最大限に近い冊数を確保してもらう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017/07/04 Tue. | トップ | 2017/07/06 Thur. »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。