あも&サチアキの交換日記

どうやら交換日記が続いているようです(祝何年目?

滝行してきたよー

2017-08-13 | from:sachiaki
はい、ご無沙汰!
滝行しても煩悩まみれ、sachiakiです。

みなさんお盆休み、ちょっとでも長く取れていますか?
私といえばお盆休みってなんだろう?って感じですが
もともと休みとお仕事のハイブリッドな日々を過ごしているので
こんなもんかなって感じでやっていますよ。

で、そのハイブリッドな日常の一つとして滝に行ってきました。




都内でもこんな自然が残ってるんですよ、というささやかな自慢。
檜原村は都内唯一の村なんですよっと。(小笠原諸島とかの島部分を除く)

んでね、その檜原村ってどの辺りなの?というと
ぶっちゃけ山梨県との県境なのでほぼほぼどの電車を使っても
そこから先は車がないと到着できない秘境みたいなところです。

そんな超ど自然な場所になんでおでかけしたかといえば、
『滝行しようぜ!』っていうネタ消化のためだけだったりして。

なんか滝に打たれて水着からポロリとかしたら面白いんじゃないの?

っていう程度の発想だったのに、蓋を開けたら割とガチな滝行で、
水は息が止まるほど冷たいし、滝の水は勢いあるしで
ゆるゆるだった表情も終わったあとは穏やかな表情になっていましたとさ。


こんななんですよ!奥さん!

ちなみに滝行してきたところはコチラ
九頭竜の滝っていうパワースポットだそうです。

そんでもって滝行を取り仕切ってる神社さんは飯能のお寺さんなのね。

こちらの宮司さんというか、お坊さんというか、
なおじいちゃんが宮崎駿さん似のよく喋る人なうえに俗っぽい親しみのある人で
マジメな訓戒を説いたあと、自分がテレビに出たという番組の宣伝までしていましたw
滝行をしたのが12日だったんだけど、
まさにその当日の夜に放送されたそうで、私はテレビが不調で見られなかったけれど
滝行に同行したちる太郎さんは自宅にてその番組を見てニヤニヤしたとかしないとか。

真夏だっていうのに朝起きたら22℃しかないし雨は降ってるし、
で、けっこう心が折れかけていたけれど
滝行本番前には雨も止み、気づいたら陽も差してきたもんだから
「自分たち持ってるねぇ」なんて言いながらキャッキャしてきましたよ。

滝行後は体の芯から冷えてしまったので、近くにある『数馬の湯』という
温泉施設で体をゆっくりと温め直してから帰りました。


しかしあれですよ。
滝ってアーチを描いて滝壺に水が落ちていくので
わざわざ激流部分にあたりさえしなければ水のカーテンになって
首をしたたかに水で打つってことにはならないのね。
滝の裏に洞窟があってお宝がある、なんていう物語はよくみかけるけれど
なるほどこれなら隠すのにいい感じやね。なんてことを思ったりしましたぞ。

あと滝に打たれる前に川の水に浸かるんだけど
それが一番辛かったですね。
腰まで浸かっても冷たいのに心臓より上の位置まで浸かって
宮司さんが般若心経を唱え終わるまでジッとしてるのが辛くて辛くて
もう心を無にするしかないんですよ。

水に浸かって穢れを取って、滝に打たれて悪いものを外へ出し
もう一度水に浸かってから、清い力を体内に取り込んで
最後に滝の水が落ちて川に流れる段になってる場所で願掛けをする
という3段構えの修行で約2時間の修行。
意外と参加人数が多い上に若い人が多く、
ちょっとしたパワースポット巡りの延長線的な感じで
フラッと参加した人が多い感じでした。

本当にクソマジメに滝行したい人には物足りないところかもしれないけれど
初心者にはいいぞ。と強くお勧めしたい滝行スポットです。

とりあえず滝行したあとの私たちといえば
帰りの車内で清々しく下ネタを話していたので
心構えは変わるけれど、やってることはあんまり変わらなかったですw

それでもあえて言いますよ。
滝行はいいぞ。

禊をしたい人にはマジおすすめです。
みなさんにも仏の加護がありますように!モイモイ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女性ならではの曲線っていい... | トップ | またやりおった »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。