あも&サチアキの交換日記

どうやら交換日記が続いているようです(祝何年目?

週末に夜学のイベントあるんだけど

2017-06-22 | from:sachiaki
すんげー闇期と重なってしまって
いやー、こりゃまいったなぁと思っているsachiakiです。

比較的人と会っている時に闇が出ることはないので
うちにこもってしまっている時に闇が這い寄ってくるんだろうなと思います。

まぁつまり心は引きこもっていたいけれど
引きこもると余計にアレな感じになりそうなので
お外に出た方がいいんだろうね、ってこと。

ここ数日やたらと目にする
奥様(もしくは彼女)がいう
「私が怒ってる理由がわかる?」
というのはモラハラだって話。

まぁぶっちゃけていうと、そこまで怒る前に
色々と小出しで怒っていたり提案しているのに
結局スルーされ続けて、ある日突然怒りの器が満杯になったから出る話なので
これについては双方の言い分もあるけれど
とりあえず怒りが収まるようにしてあげなよ、って気持ちと

私のトラウマがドーンと重なってて闇トリガーが引かれたっぽいのですわ。

うちのママンは怒ると阿修羅のごとくブチキレるので
けっこう壮絶な反抗期などをして親離れの儀式を終えて
このブチキレと卒業したもんだと思ってたんだけど
前のツレもまたどこにキレポイントがあるか分からない人で
ある瞬間にドカーンとくるともう手がつけられない、
そりゃまぁ病院送りになるくらいの喧嘩になったりしたわけですよ。
まぁパンダ先生いわく、「お前は怒りを煽る天才だな」だそうなので
たぶんそういうのも相まってるんだと思います。

んでまぁ、トラウマいうくらいなので普段は思い出しもしない記憶というものがございまして

「私がなんで怒っているかわかる?」

には、

「私たちがなんで怒っているがわかる?」

と、
中学時代のある日、ずっと仲が良いとされていた友人たちに囲まれて
上記の問いをされたことがあるんですよ。

も、全然意味不明。
そもそも仲が良いけれど、私はあんまり人との関係を深く築きたいタイプではなかったので
みんなが集まってる時も気分が乗らない時には図書室行ったり
それなりにノラリクラリとやっていて、誰かの怒りを買うなんて皆目原因がわかんなかったわけです。
約束があればそういった時は普通に守っていたし……。
けっきょく本当に思い当たらないので泣き出しそうな思いの中で
「なにか悪いことした?」っていうのが精一杯だったんですよね。

で、
「言わなきゃわかんないの!?」

って怒鳴られた(と思う、この辺はもう曖昧)後、長文の手紙を渡されて
「読んだら後で返事ちょうだい」
って言われて解散。

家に帰ってきて読んだ手紙の内容に号泣して、それからなにか自分が嫌なことをしたんじゃないか?
って思うたびにその手紙を出して読み返して内省するという日々を過ごしていました。

そんなことがあったけれど、まぁその後はそれなりに順調にみえる日常をやり過ごし
高校、専門学校、社会人と過ごしてきたわけだけど
いまだに「私(たち)がなんで怒っているかわかる?」という言葉には
ものすごく嫌なイメージがこびりついているってわけです。

私もちゃぶ台返し型なので、私が怒りを表明した時って
たいてい理由も分からないことが多いんだと思うけれど
(そもそも当人だって、なんでそんなに怒ってるのかわかんない時もあるしな)
あの言葉だけは使いたくないなと思ってるわけです。

その他にも闇を発動させた諸々があるんだけど
たぶん月のせいなので嵐が去ったらケロッとしてるんだろうな……。

週末は大自然と戯れるので多少心が軽くなる…と信じたい。

以上です!
みなさんも心の嵐にはお気をつけて〜。モイモイ☆
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心理学を勉強しても | トップ | 自転車泥棒されました(2回目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

from:sachiaki」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。