息子の読書日記

小学生の息子に読み聞かせた本、息子が読んだ本の記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

読んだ本1

2016-12-28 09:22:39 | 小1

 

現在、小1の息子が読んだ本。そして、読み聞かせ本を記録したいと思います。

忘れないように思い出の記録として。

本はおもちゃ。

息子には、本を楽しんで読んでほしいな。

 

****************************

 

ここ最近、息子が読んだ本と読み聞かせ本。

 

どうぶつさいばん ライオンのしごと

 息子とふたりで読んでいて、ふたりで考えこんでしまいました。

 何が正しいかって、難しいです。色んな方向から物を見ないといけない。むずかしい...。

 この本は古本で購入したので、また時を置いて息子と呼んでみたい。

 また聞いたことがない動物が登場したので、図鑑でどんな動物か息子と調べてみました。

 

ウエズレーの国

 うん、この本すき。元気がでる!

 

カチカチ山

 日本むかしばなし 3 に収められているカチカチ山を読んだのですが...。

 おばあさんが狸に殺されて、ばばあ汁にされ、最後には狸は殺され、えぐい。笑

 息子は、ちょっと衝撃を受けた模様。

 でもね、小学生になったし、こんな昔話も少しづつ読むのもいいよね。

 

ドラゴン・スレイヤー・アカデミー

 ドラゴン・スレイヤー・アカデミー 1から10まで。 ドラゴン・スレイヤー・アカデミー (2)1から7まであります。

 計17冊を古本で買って、息子は(2)の7巻目をいま読んでいます。

 1冊108円~216円で購入しました。

 読みながら、声を出して笑ってたんだけど、そんなに面白いの?

 機会があったら、私も読んでみようかな。

 

竹とぼくとおじいちゃん

 写真絵本。竹、たけのこのお話。

 私たちがいつも食べているのは、孟宗竹(もうそうちく)という種類のたけのこ。

 そしてもう一種類、真竹(まだけ)という種類があることを知りました。

 「竹の子って、2種類あるんだよ」って、旦那に得意げに話していたら

 「孟宗竹と真竹だよ。」と息子。

 ちゃんと覚えてたんだ!子供の記憶力に改めてビックリしました。私は名前までは憶えてなかったよ...

 

3びきのくま

 図書館で借りて読んだ本。このお話を読むまで、3匹のくまのお話を忘れてました。

 そうそう、大きいスープと中くらいのスープと小さいスープ。

 懐かしい~。

 

3びきのくま

 図書館で借りた3びきのくまを読んでいたら、「この本、ウチにもある」と息子。ほんとだ、あった。

 息子は、絵もお話も、こっちの3びきのくまの方が好きとのこと。

 

まゆとりゅう

 ドン ゴロン ゴロン ドドン ゴロン

 読んでいて、ここが好き。

 

メチャクサ

 図書館から借りてきた本。

 読んですぐに「もう1度!」と言われ、返却するまで息子自身でも何度も読んでいました。

 冬休みの音読の宿題でも使いました。

 

十二支のはじまり (日本の民話えほん)

 お正月も近いので、この本をセレクトしました。

 これも冬休みの音読の宿題で使用。この本も楽しかったみたいで、思い出しては話してくれます。

 「ママはねずみ年?ねずみは、ずるいんだよ」と息子。

 たしかにねずみ年だけど、ママはずるくはないよ。たぶん。 

 

かいけつゾロリの王子さまになるほうほう (かいけつ ゾロリシリーズ60)

 先日、原ゆたかさんのサイン会に行き、この本にサインを頂いてきました。

 息子の宝物。

 サイン会でお会いした原ゆたかさんは、とても優しい方で、私もファンになりました。

 こんなにも優しい方だから、子供が夢中になる本を書けるんだろうな。

 

おじいちゃんのコート (海外秀作絵本)

 私が大好きな絵本。息子も気にいってくれて、時々思い出して、この絵本のお話をしてくれます。

 おじいちゃんのコートが上着になって、ベストになって、ネクタイになって...最後は...。

 すべてのものを大切に使いたい。読むたびにそう思う本。

 

ウェン王子とトラ

 この本はすごかった。なんだか忘れなれない。

 手元にほしいかも。

 

落語絵本 十二 ときそば

 小1の息子。理解は出来るんだけど、お話を楽しむって所まではまだ難しかった。

 落語絵本は、もうすこしたってからかな。

 あ、でも【まんじゅうこわい】は大好きらしい。

 

こぶじいさま

 こぶとりじいさんのお話は、小さいころから読んでいるけど、何度読んでも面白い。

 この出版社の絵本は初めてだったけど、息子は楽しんでいました。

 

また読んだり、読み聞かせをしたら、書こうとおもいます。

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 読んだ本2 »

コメントを投稿

小1」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。