BOOK、CDなど

①BOOK、CD、LP等の購入メモ。②コンサート、旅行等の行事メモ。③株式、競馬等の損益メモ。スルーして・・・・

net news 政府、交付国債14兆円へ拡大 福島原発事故の賠償、除染

2016年12月09日 | ニュース

net news 政府、交付国債14兆円へ拡大 福島原発事故の賠償、除染

政府が東京電力福島第1原発事故に伴う賠償や除染費用の増加に伴い、支払いが滞らないよう東電に貸し付ける交付国債の発行枠を、現状の9兆円から14兆円規模へ拡大する方針を固めたことが7日、分かった。2017年度以降の政府予算で対応する。発行枠の拡大は将来の国民負担につながる可能性もある。  経済産業省は9日の審議会や自民党の部会で、賠償や除染に廃炉などの費用を加えた関係費用の総額がこれまで想定した11兆円から22兆円規模に倍増するとの試算を報告する。今回の見直しで経産省が新たな試算を公表するのは初めて。

 

原発での電気料金は廉価じゃなかったね。
政府、原子力委員会、電力会社は、全て嘘つきだった。
絶対安全⇒地震に脆弱、津波には勝てない⇒想定外

東電の社員でも防波堤が低すぎると発言していた者がいた。
想定していた人も存在。
しかしそのようなものは排除、コスト意識が優先、不完全な対策しか実施せず。
高い防波堤の建設に10兆円もかからなかったはず。
安く、安くというコスト意識が災いした。
当時は、国民は、地震対策、津波対策が万全と思っていた。
みんな安全と信じていたが幻想。

既に存在している原発はしかたないね。
再稼働して活用するしかない。
震度7とか震度8の地震か来たら諦める。
30mの津波が来たら諦める。
「保育園落ちた、日本死ね」のショボイ政府しかないからね。
14兆円あれば保育園の増設、保育士に年収1000万円支払える。
現在ある原発が、津波30mで水没して、電力源損壊で冷却不能で福島の原発のように水蒸気爆発、放射性物質が全国に飛散し汚染列島。
富裕層は外国に移住可能、市井の貧困層は諦めるしかない。
人生には諦めも必要。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キッドナップ/KIDNAPPED 第1... | トップ | net news NHKネット同時... »

ニュース」カテゴリの最新記事