BOOK、CDなど

①BOOK、CDなどの購入のメモ。②競馬、株式、コンサート、旅行などの予定と結果のメモ。③個人的なメモ。スルーして・・・

net news 民進新代表に蓮舫氏=女性初、党勢回復へ「先頭に立つ」―前原、玉木氏破る

2016年09月18日 | ニュース

net news 民進新代表に蓮舫氏=女性初、党勢回復へ「先頭に立つ」―前原、玉木氏破る

 民進党は9月15日、臨時党大会を東京都内のホテルで開き、蓮舫代表代行(48)を新たな代表に選出した。旧民主党時代を含め、女性が党首に就くのは初めて。蓮舫氏は選出後のあいさつで、「重責をしっかり受け止め、(政権与党として)選んでもらえる政党に立て直していく先頭に立ちたい」と述べ、低迷が続く党勢回復に決意を表明した。

 蓮舫氏の任期は2019年9月末までの3年間。野党第1党として、次期衆院選など国政選挙での野党共闘にどう臨むかが焦点となる。

 蓮舫氏は速やかに新幹事長を決め、16日午後の両院議員総会で承認を得たい考え。党大会後の記者会見で「まだ白紙だ。誰が適任かしっかり考えたい」と述べた。幹事長には枝野幸男氏の再任や安住淳国対委員長の起用が取り沙汰されている。新執行部は26日召集の臨時国会や、10月11日告示、23日投開票の衆院東京10区、福岡6区両補欠選挙への対応に当たる。

 代表選は蓮舫氏と前原誠司元外相(54)、玉木雄一郎国対副委員長(47)の3氏で争われた。当初は次期衆院選での共産党との共闘の是非や憲法改正などが争点に挙がったが、3氏とも党内の幅広い支持獲得を優先したため論戦は深まらなかった。蓮舫氏は台湾籍との「二重国籍」問題が発覚、批判を招いた。ただ、高い知名度を武器に国会議員票、地方票とも支持を集め、前原氏らを大差で破った。

 投票結果は、党独自の換算によるポイント数で蓮舫氏503、前原氏230、玉木氏116。蓮舫氏が総計849ポイントの過半数を1回目の投票で獲得し、当選を決めた。

 代表選の実施は、今年3月に旧民主、旧維新両党が合流して民進党が発足してから初めて。初代代表の岡田克也氏の任期満了に伴い、国会議員に加えて国政選挙の公認候補予定者や地方議員、党員・サポーターが参加して行われた。


選んでもらえる政党になるには、20年以上は無理だわ。

民主党政権を選択し失敗した記憶、20年以上は記憶に残るからね。

忘却に20年以上は要するね。

蓮舫氏は、護憲主義者、且つ第9条の信仰者だから、自公民の安倍政権は、戦いやすい。

you tubeに残る民主党政権時代の答弁が面白い、或いは安倍政権への質問、勉強不足を露呈、今後の国会質問が楽しみだね。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モーツァルト、レクイエムK.6... | トップ | こんなCDを買った!聴いた... »

ニュース」カテゴリの最新記事