BOOK、CDなど

①BOOK、CD等の購入メモ。②コンサート、旅行等の行事メモ。③株式、競馬等の損益メモ。個人的メモです‥‥

net news 青森県 「短命県」ワースト返上へ 「だし活」とはなんだ(毎日新聞2016年1月9日)~塩分と長寿は、関係ないと思うけどね。

2017年06月23日 | ニュース

net news 青森県 「短命県」ワースト返上へ 「だし活」とはなんだ(毎日新聞2016年1月9日)~塩分と長寿は、関係ないと思うけどね。

 平均寿命の全国最下位が続く青森県が、ワースト脱却に向けた「だし活」に本腰を入れている。だしのうまみを生かした減塩料理を広めて長寿を目指す運動のことで、その背景には、雪国特有の塩辛い食事が生活習慣病につながっているとの危機感がある。減塩を促そうと県はオリジナルのだし商品の開発にまでこぎつけたが、果たして「短命県」の汚名返上なるか−−。【森健太郎】

  「しょうゆドバッ、みそガバッにちょっと待った。食塩を毎日あと2グラム減らせば未来は変わる」。青森県八戸市内のスーパーで昨年11月25日、「だし活しよう!」と大書されたかっぽう着姿の三村申吾知事が熱弁を振るった。さらにPRソングに合わせてダンスを披露。買い物客は「漬物にもしょうゆをかける“しょっぱ口”は卒業しないとだめね」と、だし汁を試飲した。

 

 厚生労働省が2013年に公表した「都道府県別生命表」で、青森県民の平均寿命は男性77.28歳(全国平均79.59歳)、女性85.34歳(同86.35歳)で、ともに全国ワースト。公表は5年に1回で、男性は8回連続、女性は4回連続の最下位に沈んだ。

 がんや脳卒中、心筋梗塞(こうそく)など生活習慣病による死亡率も青森県は全国平均を大きく上回っている。要因の一つが塩分の取り過ぎ。同省調査では、06〜10年の1日平均の摂取量は男性が13グラムで全国2位、女性は10.9グラムで5位。さらに青森県はカップ麺購入量も全国1位と、買い物がしづらくなる冬場を中心に、塩分の多い保存食をよく食べる傾向にある。

 減塩は必要だが、味気ない料理はすぐ飽きられる−−。県は検討を重ね、魚介類や野菜のだしで薄味を補えることに着目。14年から食品メーカーと開発に取り組み、昨年3月に粉末や液体のオリジナルのだし商品計3種を県内で発売した。名付けて「できるだし」。ネーミングには、「手軽に」「塩分コントロール」「うまみでおいしく」の三つができる、という意味を込めた。県総合販売戦略課の担当者は「半年で累計3万6000個を出荷できた」と手応えを感じている。

 また、県は、塩分を最大3分の1程度に抑える「だし活料理レシピ集」も作成。給食などに率先して取り入れる方針だ。

 減塩に青森県が躍起になる一因に、男女とも平均寿命トップを誇る長野県の存在がある。同じ雪国ゆえ塩分摂取量の多い土地柄だが、60年代から「食生活改善推進員」を中心に減塩指導を進め、成果を上げた。また、野菜の摂取量にも差があり、青森が1日290グラム台にとどまる一方、全国1位の長野は国が推奨する350グラムを超える。

 「長寿県」の長野県に追いつくには、生活全般の見直しも必要になる。長野県は65歳以上で働く高齢者の割合が全国トップ。肥満者の割合も男性が40位と低い。対する青森県は、喫煙率が男性が全国1位、女性が北海道に次ぐ2位。習慣的な飲酒率も男性が1位、1日の歩数も男性が46位……。不健康なデータには事欠かない。

 青森県のこうした状況をだし活で打開できるのだろうか。「和食」の世界無形文化遺産登録を推進した和食文化国民会議副会長、伏木亨・龍谷大教授(食品栄養学)は「ただ塩分だけを減らせば満足感、幸福感がなくなり、ジャンクフードに行き着く。おいしさのためにだしを使い、結果として減塩できればいい」と、だし活の効果に注目する。

 だしは救世主となるか−−。気になる次回の都道府県別生命表は2年後に公表される。

 
塩分が原因?
長野県は寒いし塩分を摂取量も多いが長寿。
塩分と長寿は、関係ないと思うけどね。
 
 
 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« net news 死亡率1位は男女... | トップ | net news 先進国で食塩摂取... »

あわせて読む